忍者ブログ
Admin / Write / Res
神のみ・サンデーの感想ブログ。こっちはまじめ。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
旧ブログ
管理人:とれふる
twitter
Pixiv
TINAMI
インタビューズ

神のみぞ知るセカイを人生の主軸、少年サンデーとアニメを人生の原動力としている人。
絵やSSもたまに書きますが、これは人生の潤滑油です。つまり、よくスベる。

ご意見・ご要望があれば studiotrefle0510☆gmail.com の方まで、☆を@に変換してお気軽にどうぞ。
鮎川天理さんからの求婚もお待ちしています。
つぶやいてます。

最新コメント
[10/08 モンクレール 古着]
[10/08 mulberry briefcases bags]
[05/12 backlink service]
[04/12 hooky]
[04/04 viper]
最新トラックバック
(07/02)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
エネルギー補給源
神のみぞ知るセカイ

アマガミSS+plus

Another

偽物語

灼眼のシャナⅢ

モーレツ宇宙海賊

アクエリオンEVOL

機動戦士ガンダムAGE

あの夏で待ってる

未来日記

ギルティクラウン
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



に描いたイラスト。下書きもなければ修正もできない一発描きの絵ってのは晒したときの恥ずかしさも跳ね上がるのですが・・・よく考えてみると、この流れを恒常化すればアンケはがきの描き忘れも無くなるのではないだろうか!やったね!

拍手[3回]

PR

30769fb4.jpeg

ぬー。描けない描けない。しかも誰だかわっからっないー♪

上の絵は、白いキャンバスにグリグリと描いていく俗に言う「ラフ」なんですが、自分はいつもそのまま上位レイヤーを作り出して線画を描いてます。昔はラフ→下絵→線画となっていたような気がするんですが、まあ、効率化を優先する近代の流れのままにということで。そんなこと言っておいてPixia使ってるのもどうか。

つーかね、この絵を下書きとするのが間違っているというか、この絵の前段階にきちんとラフを設置しろって話だとは思うのですけども!でも、構図とか体のつくりを象った真の「ラフ」こそ、最終的に線を入れていく中で無意味になっていくような・・・え、だから同じような構図でしか絵が描けない?なるほどなるほど。だから途中で無理矢理トリミングして誤魔化すことになる?なるほどなるほど。だから体の重心とかがログアウトしている?なるほどなるほどもうやめてぇ!

拍手[1回]

を、二次創作で作りたいなぁとかれこれ五年間くらい思ってる訳ですが。脳内に雑多な展開の欠片だけはあるんですけどねー、形にできるほどの力量がない。無念!


ただ、タイトルは「アルバトロス○○」にしたいんですよ!「新世紀エヴァンゲリオン」が「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」、「創聖のアクエリオン」が「アクエリオンEVOL」、「交響詩篇エウレカセブン」が「エウレカセブンAO」となるこのご時世の流れに沿いたい!ということでアルバ完結編を作ろうとしている方がもしいれば、参考にしてみてくだせえ。いるかなぁ。

拍手[0回]

031120b5.jpeg

えー、予定では本日、サンデー15号の感想を更新するつもりだったのですが。電波教師とBE BLUESの二つの作品で「夢」について書いていた感想が、見事にPCの強制シャットダウンによってデータがすっ飛びまして。ま、まあ、もう一回書け!といえばそれまでなのですが・・・ただ、文章も絵と同じで生物(なまもの)であり、もう一度書いても同じものは誕生しないというか・・・まあ、電波教師も BE BLUESもまだまだ本番はこれからですから!ね!今回書きたかったことはまたいつか!

そんなことよりPCが突然落ちるのがいかんのですよ!しかも何事もなかったかのように再起動しやがってぐぬぬーーー「なつまち」のりのんか!あっちは日高里菜さんボイスでかわいく感じるけど、PCは落ちたときの音「キュイィィィィィン・・・だもんなぁ。えっ、てなりますよ。えっ。

拍手[0回]



エルシィ誕生日絵を描くにあたって重宝したエリーの背面イラスト。とか言っておきながらボツになったらごめんね……。

拍手[0回]



変わらず天理はかわいいなあ。

拍手[3回]

って、よく考えると面白い言葉ですな。「切羽詰まる」。自分は「切羽詰まる」という言葉はなんとなく好きです……なんかこう、いかにも切羽詰まってそうな感じが。



切羽詰まってさ、もとい忙しさに押される合間に描いた尾貰さんの絵。版権カラーイラストを描いたほうが燃費が良さそうな気はするのですが、まあ、たまにはこういうのも。
それにしても、二次創作では奇抜すぎて当てはめられない設定・展開を披露できるのが一次創作のいいところなので、本当にネタに困ったりはしないですね!本当は上のような展開を天理にやらせたいんですが、さすがにそれは無理ですから。設定が妄想から派生しているために脳内無双垂れ流し状態でっせ。景気いいね!

拍手[1回]

Copyright ©  Studio Trefle All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]