忍者ブログ
Admin / Write / Res
神のみ・サンデーの感想ブログ。こっちはまじめ。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
旧ブログ
管理人:とれふる
twitter
Pixiv
TINAMI
インタビューズ

神のみぞ知るセカイを人生の主軸、少年サンデーとアニメを人生の原動力としている人。
絵やSSもたまに書きますが、これは人生の潤滑油です。つまり、よくスベる。

ご意見・ご要望があれば studiotrefle0510☆gmail.com の方まで、☆を@に変換してお気軽にどうぞ。
鮎川天理さんからの求婚もお待ちしています。
つぶやいてます。

最新コメント
[10/08 モンクレール 古着]
[10/08 mulberry briefcases bags]
[05/12 backlink service]
[04/12 hooky]
[04/04 viper]
最新トラックバック
(07/02)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
エネルギー補給源
神のみぞ知るセカイ

アマガミSS+plus

Another

偽物語

灼眼のシャナⅢ

モーレツ宇宙海賊

アクエリオンEVOL

機動戦士ガンダムAGE

あの夏で待ってる

未来日記

ギルティクラウン
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


はっ……今日ブログに書くことない!と思っていたら、丁度イラストフォルダを漁っている最中に未公開のイラストがあったので、丁度いい、ここで公開。



書いてあるセリフから察するに、桂馬くん誕生日記念の小さいイラストらしいっすね。なんでお蔵入りになってたんでしょうかねー。かっこいいのに、桂馬くん。

あ、そうそう、昨日の記事ではちょっと渋っていた「よっきゅん杯」ですが、ブログを更新した直後に若木先生から「当日の司会は天理」というすばらしい情報をいただいたので、これは参加するしかないでしょうということになりました。もうよっきゅん杯とかというよりは、天理祭りですよ。天理祭り!

天理祭り……天理イラスト増えろー増えろー!みゅーんみゅーん(怪電波)

拍手[2回]

PR

美生美生ー。よく考えてみたら美生をちゃんとカラーで描いたことなかったので、いつかのときのためにここで描いておく!いつかってなんぞ。

本当はオムソバパンをくわえさせて「きゃーちこくちこくー」みたいにさせようかとも思ったのですが、
1.大きさ的に口にくわえるのは無理
2.オムソバパンを口でくわえて食べるのは構造的に無理

ということで断念いたしました。いくら卵で巻いてあるからといって、元は焼きそばパンですからね。そんなものを走って登校しながら食べた日には、もう道中にぼろっぼろこぼしまくりですよ!
まー美生の属性的にはオムソバというパンにこだわる必要はなかったので、食パンとかにチェンジしようかな、とも思ったのですが、最終的にはフツーな感じに落ち着きました。べ、別に描くのが面倒だったとかじゃないんだからねっ!

拍手[3回]


天理がかわいすぎてつらい | とれふる@充填中 [pixiv]
自称R-18につきご注意を。



更新したのは2日ほど前なのですが、更新しました、R-18天理イラスト。いきさつはこちらのブログ記事を参考してもらうとして、まあ、答えました。無茶振りに。

そもそも、アニメ最終話が来るということで変なテンションになっていたのが最大の原因だよなぁ。まさに浮き足だってふわふわした感じで、そこにくわえて「天理が出てこないかも」という不安要素もありましたから、まー何か言わないと落ち着かなかったというのもありまして。何が言いたいかというと、ぐへへへ描いてやるぜぐへへへって感じじゃないということだよ!これ重要だよ!

見てもらった方にはまる分かりかと思いますが、イラスト的にはそんなにR-18!!食事中には見れない!!ってわけではないんですよ。下半身に訴えかける(嫌な表現だなあ)ようなのではなくて、扇情的というか。描いた本人がこんなこと言ってたらR-18もクソもないですが、それ以前にR-18イラストなんてのはかなり曖昧な線引きですしね。映画みたいに誰が調べるわけでもないし。「とれふるの描いたイラスト」としてではなく「鮎川天理のイラスト」として見れば、R-15くらいの健全なイラストになっているはずですよ。てへ。でもでも、Pixivにある「手枷」タグの他のイラストと比べれば健全だよ!ド健全だよ!よい子は調べちゃいかんぞよ?


まあ今回どうしても仕方なくこういう天理のイラストを描かなくなってしまったということで、とりあえずコンセプトは決めてました。まず「見えちゃいけない部分が見えない」こと。そして「縛る」こと。目隠しもしてみたかったけど、あれは絵的に見るとどうしても映えないんだよね……顔はキャラの命ですから。

見えないようにするっていうのも、リンク先のイラストの二枚目みたいにモザイクのような感じで隠す、というのもありかとは思ってましたが……一回くらい天理の下着姿を見てみたいなあと思って(というか、常に思ってる)、どうせならこの機会に描くか、と。下着っていうのは、下着の下が見えちゃってるのとは違うベクトルの色気があるんですよ。なんというか……自分は萌えってのはシチュエーション至上主義(壁の向こう側で女の子の姿が見えなくても、見えないからこそ萌えられる=シチュエーション萌え)なんですが、下着ってのはまさにそれの頂点かなと。水着と構造面積数値的には同じでも、持ってる意味が完全に違う。水着みたいに見せるためじゃなくて(この話はしてるだけで今後のアクセス数が減りそうなので割愛)

あとは、パンツ……歩美の誕生日イラストを描いたときにも言いましたが、自分は女子のパンツというものが描けません。だって、見たことねえし。構造は分かるんですよ?3Dで描けって言われれば描けるけど、それが絵の一部分として、少女の衣服のひとつとして考えると、もう全然分からない。だって、見たことねえし(強調)。
ツイッターで「パンツ描けない」みたいなことをつぶやいたら「下着の通販サイトにでも行けばよいのでは?」と言われて巡ってみたのですが、残念なことに、ずり下げられた下着の写真はありませんでした。あるわけねーだろ!(セルフツッコミ)


個人的には左手のシーツつかみというのもグッとくるポイントではあるんですが、ちょっと地味な感じになってしまいました……これは自分の実力不足ですねすいません!自分はもうシーツなんてつかむものという認識でしかありませんもん。

そして表情……表情はかなり悩みましたが、結果的にあのような困っている表情に。自分として、あの表情の裏設定(すなわちシチュエーション)は「手枷をつけてもいい、と言ってはみたものの、いざとなるとちょっと不安になってきたな……でも言っちゃったし、それに、イヤじゃないし……」というのがあるんですけれども、これはまあ墓の中まで持っていく内密なお話なので、誰にも言わない。てへてへ。


出来としての話はともかくとして、今回のイラストは自分の欲望がつまってます。こういうのが見たい!というのを、自分の画力で表現できるギリギリのラインを狙って描きました……そこに関しては成功してますかねぇ。このイラストに含まれてる要素を箇条書きにしてまとめれば、そのまま成仏できそうなレベルなのです。誰かリメイクしてくれないかしら!
シチュエーション萌え、とは言いましたが、自分が一番好きじゃないのはその逆です。つまり、見えてりゃいいみたいなやつ。キャラの設定とかほとんど関係なしに、とりあえず○○○○を女の子が見せ付けてるとか、とりあえず○○○○してるみたいな、ね。全否定するつもりはもちろんないですけど、そこにある愛はどのくらいなのだろう……とかは考えてしまいますよ。ただPixiaにはキャプションというものがあって、イラストによってはそのキャプションで少し物語が描かれている場合もあるんですが、それがあるだけで一気にシチュエーションとして成立しますよね。キャプション最高。


……と、言っておきながら、自分の描いた天理のキャプションは非常にアレです。twilogから「天理」で一斉検索して持ってきたやつなんですが(他の人は絶対マネしちゃダメだよ!絶対だよ!絶対に絶対だよ!)、もはやイラストよりも犯罪性の強いキャプションとなってしまいました……ぐはあ。もともとはイラストがイラストで、一応R-18タグも付いてるし、照れ隠しというか視線を分散させる目的でああしたわけですが、なんかもう、逆効果ですわ。あのイラストを見た中のどれだけの方に「とれふる=変態」という間違った認識が広がってしまったのかと思うと……ぐすん。でも、歪んでいてもそれが愛の形ですよ。天理と恋したい。二の腕とか束縛とかそういうものは要素の一つでしかなくて、結局はそれなのかなぁ……なんて思わんでもないですが。とれふるはいつでも恋人になってくれる鮎川天理さんを募集しております。

天理かわいいよ天理。

拍手[0回]


祝☆アニメ神のみぞ知るセカイ、完結!




そこで手前の描いた絵を載せるあざとさ。えへ。
ともあれ、アニメ神のみ完結おめでとう!

感想については深夜のツイッターでもだいぶ言いましたが、明日更新予定の感想記事で全てを述べられると思いますので……読んでいただけると嬉しいです。ここでもセールス。そうじゃなくてね!最終回は本当に素晴らしかった!

そして、アニメ神のみ自体も最高でしたよ。褒めちぎりも明日の記事でやる予定ですが、とりあえずここでね。ありがとう神のみ……終わった後に幸せに気づくなんて、どこのグレンラガン挿入歌だよ!と思わんでもないですが。でも気づけてよかった。ありがとさん。


ちなみに。



調子とテンションに乗ってこんなこと言ったら、なんか、引くに引けない状況になってしまいまして。最終回で天理は出没してましたが、まあ、どうしても描いて欲しいっていうなら描いてあげないことも、ないんだからねっ!需要あるかどうかは不明ですが、やります。描けって言ったからにはちゃんと評価しろよ!そしてドン引きとかするなよ!ここ重要!


アニメ神のみに感謝する記事のはずが、変な宣戦布告になってしまった。ま、神のみもこっちも、楽しいですから。楽しければそれでいいんですよ!
あとは引かれなければ。ここ重要。

拍手[0回]


先週・そして今週と、二週連続で発売された神のみのオープニングとエンディングのCD。自他共に認める音痴である自分は、いつもどおり特にレビューはいたしません。でも、素晴らしかった。

110526_1323~01.jpg

オープニング・エンディングについては、二期一話や七話の感想で思いのたけは述べているのですが。今回フルバージョンでCDになるに至って、やっぱり語りたくなることが出てきますね。

オープニングの「A whole new world god only knows」そしてエンディングの「アイノヨカン」、共にフルバージョンで見事なパワーアップを遂げています!この2曲に限らず、アニソンというものは「聴きなれたTVサイズから、拡張されたフルサイズを聴いたときの感動」というものがどんな曲にも存在します。自分はJ-POPなんかも好きですが、特筆してアニソンが好きな理由はこれですかね~。そしてこの2曲は、その感動が他とは比べられないほど凄かったです。

まず、オープニングの「A whole new world god only knows」。前回の「God only knows」とは違い、TVサイズをそのまま広げたような形となっています。個人的にはこれもいいな~と思いました。「God only knows」は、ホントに第三幕が一回しか使われないんですよね。あんなにいいメロディーなんだからもっと使えばいいのに!と自分は思っていましたが、今回の「A whole~」ではその夢が見事に叶いましたよ!
巷では、やっぱり1期2期の曲どうしでどちらが好きか?みたいな話がよく巻き起こりますが、自分は2期のほうが好きですかねぇ。……というか1期の頃は圧倒されっぱなしでしたから、2期はもっと深いところまで楽しめた気がしました。ただ、「A whole~」は歌いづらいのよねん。そんなに舌がまわらないっつーの!ああ、Liaさんになりたい。

そして、外せないのがカップリングの「A brand new world god only knows」。これを聴いたときの感動は言葉で言い表せないくらいスゴかった……まさに圧巻。自分はあまりカップリング曲というものに期待はしない人間なんですが、それでもやっぱり神のみの楽曲ですから。キャラソン同様、自分の予想を裏切ってくれるのかなと思っていましたら、これですよ。まさにカウンターパンチ。サビまでがゆっくりなペースで、このままカバーみたいな感じで行くのか?と思った矢先、あのサビ。むむむ、「A brand~」も本編で使われないものかなぁ!若木先生が絶賛していただけあって、かなり好きな曲になりましたよ。誰か有志の人が、「A brand~」に合わせて3期OPっぽい映像を作ってくれないかな!もし3期があるとすれば、オープニングがこれでも全く問題ないと思いますよ。この2曲、一体どっちを優先して聴けばいいのだ!耳が2つほしい……いや、あるけど。


一方で今週発売されたのが、エンディングの「アイノヨカン」です。
フルバージョンで迫力が増す、とは前述しましたが、アイノヨカンのそれは他の曲の比ではないですね!これはぜひ一度聴いてほしい。なんて泣ける歌なのだ!

アイノヨカンも、やっぱり1期のコイノシルシとの戦いがありました。2期を見たとき、そしてアイノヨカンを聴いたとき、自分はやっぱりコイノシルシと比べていましたね。で、正直!正直にそのとき感じたのは、「勝てないんじゃないの?」という思いでした。アニメ7話感想でも特筆しましたが、歌詞に関する思い入れもありましたしね。
ただ、アニメを見てアイノヨカンを聴いていく中で、少しずつ自分の心の奥にしみこんで行った感覚があります。「楽曲」としてではなく、「神のみぞ知るセカイⅡ」のエンディングとして聴いたとき。この曲は思っていたのとは全く違う魅力を放出し始めましたよ。

やっぱり、アイノヨカンは全体に「悲しさ」が漂っています。というか痛みですね。恋から愛に思いが遷移して、他人を欲するようになった。コイノシルシに満ちていた「恋する幸せ」ではなく、想いの強さが切なささえ呼ぶ「愛する辛さ」が表現されていて……いやー、泣けます。最初はコイノシルシと比べる思いもありましたが、比べるなんて無粋なことでしたね。コイノシルシとアイノヨカンは、両方で一曲となっている気がします。恋から愛へ。愛を生んだ恋、恋から生まれた愛。神のみぞ知るセカイの終わりを飾る曲として、素晴らしすぎますこの2曲!


……ま、総括すれば、どっちも最高マストバイ!ということですね。今なら初回盤ということで、差替えジャケットもお値段そのままで付いてきますから。お買い得だよん。ぜひ購入して、新しいセカイと愛の予感、どちらも感じ取ってみてください。

拍手[0回]

 
先日5月25日は、桂馬くんのお母さん・桂木麻里さんのお誕生日でした!いぇい!



…………。
……えと……はい……。

いやでもさ、仕方ないのよ(以下言い訳)!自分のカレンダーに記入してあるのは攻略ヒロインだけだし、それにほら、麻里さんは最初の若木先生のブログで公開された誕生日と変わってるじゃないですか!……来年は忘れません、はい。

最近、原作では憎き夫を探して放浪中の麻里さんですが……麻里さんとエルシィのやりとりはもっと見てみたいものですね。殺伐とした雰囲気が続く今の神のみでも、普段と変わらないやりとりができるのはこの二人くらいですよ!体育祭のとき、何も考えてないような顔でカメラを向け、そしてその隣で笑っているエルシィと麻里さんを見てると癒されますわ。神のみも、早くあのときみたいな安寧の日々が帰ってきてほしいものです。

あとは桂馬くんとの関係ですね。「つみき☆くずし」で描かれたようなあの関係、やっぱりもう一度見てみたいですよ。桂馬くんは誰に対しても反抗的ですが、やっぱり育ててくれた恩があるからかどうかは分かりませんが麻里さんには「緩い」です。桂馬くんは次元というものを気にしないエネルギーを持った男ですが、それでも一人の息子ですから。母親と比べると、どうしても立場が下になっちゃいますね。でも、桂馬くんはきっとそれを嫌がっていない。仲のいい家族ですよ!

しかし、現在桂馬くんは17歳ですが……果たして麻里さんの年齢はいくつなのか。見た目は若いですが、やっぱりこれは気になるところですよね。アルバのユウキママ、美沙都さんは特殊な設定のために若かったですが、桂馬くんは普通の17歳ですからね。麻里さんも相応の年齢になってるはずですから。単純に20歳で生んだとして、今はさんじゅうなn……おや、こんな時間に誰か来たようだ……。

拍手[0回]




連投・誕生日企画第2弾、先週の5月19日は神のみぞ知るセカイ12人目の攻略相手、上本スミレの誕生日でした!おめでとさん!

……ということで、見ていただければ分かるかと思いますが、肌色率の非常に高いイラストとなりました。えへ!
青羽のイラストは3テイク目、と言いましたが、スミレに関してもこれが2テイク目です。一回目は、割と普通にチャイナ服を着て桂馬くんに水筒を見せているようなイラストだったんんですが、ボツになりまして。
で、二回目はどうしましょうかとなったときに、一回目のときに挫折した要素をもう一度ブチ込んでみよう!ということになったのです。それが、胸と二の腕。

スミレを描くうえで、どうしてもここだけは譲れない!と思っていたのがこの部分でした。体重を気にするスミレにとって、本人が気になる場所であり、同時に読者も気になる場所ですよ!神のみにおける巨乳キャラっていうのは、それが身長や性格と比例されているというパターンが多いですが、スミレの場合はそうじゃない。「ラーメン食べ過ぎてちょっと太ってきた……」という設定があるおかげで、等身はそれほど高くないままでも檜や楠みたいな領域に足を踏み入れることができてますね。スミレの二の腕とか、すごい魅力的ですよ!

一枚目のとき、チャイナ服でそれを描こうとして挫折しまして……二枚目でリベンジ!ということで水着になりました。え、思考が飛んでる?水着が描きたかっただけかもしれませんすいません。


自分は自分のイラストに関して、常に自信ないというか、どやっ!と他人に見せたりできない性分なのですが。いつも「まあこんなもんかな……」といった感じで、だから最近はPixivにも出陣していないわけで。最近の絵もそれに違わなかったんですが、今回はちょっと高い意識の完成度になりました。
どこがといわれれば、胸が。




拡大すんなや!とか言わないで!それくらい満足な出来になったんですよ!自分がイラストをわざわざ拡大して貼りつけるなんて滅多にないですよ……滅多にないおっぱい。


むむぅ……スミレ誕生日の話のはずが、気づいたら胸の話になってしまっていた。っていうか最近こういうの多いなおい!でも、これもスミレの魅力のひとつだと思うのです。体重とか体型を気にする女の子ってのは、ご他聞にもれずかわいいものですよ!スミレがんばれ!ラーメンの油分は敵じゃねーぞ(読者目線)!

拍手[0回]

Copyright ©  Studio Trefle All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]