忍者ブログ
Admin / Write / Res
神のみ・サンデーの感想ブログ。こっちはまじめ。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
旧ブログ
管理人:とれふる
twitter
Pixiv
TINAMI
インタビューズ

神のみぞ知るセカイを人生の主軸、少年サンデーとアニメを人生の原動力としている人。
絵やSSもたまに書きますが、これは人生の潤滑油です。つまり、よくスベる。

ご意見・ご要望があれば studiotrefle0510☆gmail.com の方まで、☆を@に変換してお気軽にどうぞ。
鮎川天理さんからの求婚もお待ちしています。
つぶやいてます。

最新コメント
[10/08 モンクレール 古着]
[10/08 mulberry briefcases bags]
[05/12 backlink service]
[04/12 hooky]
[04/04 viper]
最新トラックバック
(07/02)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
エネルギー補給源
神のみぞ知るセカイ

アマガミSS+plus

Another

偽物語

灼眼のシャナⅢ

モーレツ宇宙海賊

アクエリオンEVOL

機動戦士ガンダムAGE

あの夏で待ってる

未来日記

ギルティクラウン
[367]  [366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6ed1ab0a.jpeg

◆おすもじっ!司の一貫(第四拾五貫「白身対決ノ四」)


いざ、勝負の時!

大きな流れを収束させてたどり着いた「おすもじっ」の対決編ですが、、今週はついに司が勝負として寿司を握りました。しかも魚の王様、鯛。と大仰に言ってはみたものの、自分は別にグルメでもないのでそういったところには突っ込んでいけないのですが。相方はカップラーメン。

た だね、味うんぬんの話が分からなくても、「おすもじっ!」の最近の展開の熱さは手に取るように分かりますよ!ううん、まさに、化けたという感じ。さすが原 作が加賀ミツル先生だけのことはありますね。前作の「ギャンブルッ!」のときの鋭角さがまったく衰えてませんもん。むしろ強化されてる!

ひいっ!彩香が怒ったー!というだけの単純な話でもなく、そこに至るまでの流れがキレイというか・・・いや、ドロドロなんですけど。司と寿と彩香の三角関係はドロドロなんですけど、そのドロドロがすごく心地いい。
読 み返してみると、今の事態は成るべくして成ったという感じがしますね。避けようと思えば避けるチャンスはいくらでもあったんだろうけれど、きっとこうなる ことは運命だったのではないだろうか。運命というか、宿命。伏線の出し方も含めて、かなり当初からこの展開は原に含んでいたのではないでしょうか。そ りゃー盛り上がるってもんよ!

単純な要素で見ていっても、やはり彩香というキャラは強烈すぎる・・・。ブラコンヤンデレ悪化しすぎ!個人 的に一番好きだったのは、彩香が司と道を違えるシーンでした。あれもまた衝撃的で、衝撃的なんですけど、なんだかすんなりと納得してしまった記憶がありま す。というか自分は、それを望んでいたのかもしれません。彩香との対立を。司と寿の間に唯一割って入っている彼女だからこそ、いつか一回転して敵の立場に なってほしいと。ま、、まあ、ヤンデレが暴走するかどうかは別としても。

でも、仲間だったはずの人が宿命の流れの中で敵対関係にな る・・・というのはやっぱり超王道展開ですよ。もう仲間なんてのは敵になるためにいるんじゃないだろうかと思うくらいの、どんな作品でもやってほしい展 開。いや、そんな各所各所でドロドロされても困るような気はしますが、それにしても「おすもじっ!」でやってくれるとは。全体的に明るい話で進んでいたの で、彩香との対立状態に物語が遷移したときはぐいぐい引き込まれましたねー。

161ae7a5.jpeg

ただ、そんな中でも、司と寿の立場が素晴らしかった。豹変し た彩香に兄を奪ったと強く罵倒されても挫けない司が、自分の寿司を馬鹿にされて静かに激昂する姿は見ていてかっこよかったですね!普段は温厚な司が、自分 と祖父とを繋ぐ絆、自分と父とを繋ぐプライドを信じて全力で抗う。それでこそ職人!男らしいぜ司!
一方で、作中における寿の扱われ方もすごい好き です。司と同じように、ここぞというところで凄い力を見せる。いつもヘラヘラしていて、エロネタ好きな寿の本気の表情は反則!どうも自分はそういうキャラ に弱い!特に初期の寿は頻繁に司の足を引っ張っていて、単なる「何も知らない読者目線」を代弁するためのキャラだったのですが、今では欠かせない司の右腕になっている。寿が司を凌駕するようなアイデアを出したりすると、なんというか、むしょーな嬉しさに襲われますね!かっこいいな~、もう。

今 週の「おすもじっ!」は、まさにそんな要素のオンパレードでした。温さを切り捨てた司の本気、全てを背負った寿の本気が、握られた一貫に集う。まさに集大 成ですよ!握るのもシンプルな寿司ということで、これはもう京都に出向いて食べに行きたくなるレベル!何がカップラーメンだよ!
ただ、勝負の行方 はどうなるのだろうか・・・司たちが先攻というのがまた、ちょっと面白いところですよねぇ。フツーはこういうのって、主人公たちは後攻なんですよ。敵が凄 いことをしてきたぞ!勝てるのか!?みたいな。今回「おすもじっ!」ではあえてそのテンプレを崩してきていますが、何かトリックがあるのだろうか。さて、 どうなる。


◆アナグルモール(第22間「地下世界一の能力」)

もう一方で、着々と熱くなってきているのがコチラ。「アナグルモール」。もうね、「うえきの法則」が原因でサンデーに入ってきた自分としては、最近のアナグルモールの展開でテンション上がらないほうがおかしいというものですよ!ええ!

「ア ナグルモール」も、おすもじっ!と同じように、日常パートの積み重ねがすごく重要になってきます。最近のアナグルはバトル成分が多めですが、連載当初はコ メディー色が強かったですね。コメディーとバトルを色濃く分ける漫画としては「はじあく」もそんな感じですが、やっぱり福地先生の描くバトルシーンはさす がやでぇ・・・。すごい。それほどバトルが長くないとはいえ、まったくもってインフレしていない!

これまで三人のマジンを倒してきたルチルですが、未だに使っている技は初期の「デコス」「ボコヘル」のみ。しかも撃退した方法は、全てその能力を生かした工夫だけですよ。凸と凹だけであそこまで熱いバトルを描かれたら、そりゃーうえきが脳裏によぎるわけです。
う えき、好きだったなぁ・・・終盤は神器が出てきてそりゃーインフレもしていましたが、あの時もやっぱり勝敗のカギは「ひらめき」でした。特に最終決戦とか もうね!誰が予想したというの!あの漫画に惚れた自分としては、今のアナグルの展開はうえき以上にその楽しさが表に出ていると思うのです。

c8ddcf1a.jpeg

今 回のアナグルモールは、ルチルがそれを改めて宣言する回でした。力の凄さではなく、発想力の凄さで強くなると。自分はやっぱり、これを作中で絶対に宣言し て欲しかったわけですよ!今回ルチルが宣言したことによって、これはアナグルモールという作品のひとつのコンセプトになった。機転を利かせた奇想天外なバ トルをしていくぞ、と主人公自体が言ったわけですから、これからはそれが物語の中核になる。ということは、来週からも今みたいなバトルを期待していいんで すね!わくわく!

てっきり、自分はそのうちルチルがアナグランド界で眠っていたオーパーツとでも遭遇したりするのかな~と思っていましたが、このままデコスボコヘル中心で進んでいってくれるのはすごく個人的には楽しみですね!
あ まり戦闘で能力がインフレしなければ、日常パートにも戻りやすいし。話の最初に挙げた「はじあく」みたいに、アナグルもコメディーバトルを織り交ぜながら やってほしいですね!千和かわいい!エッジの効いたバトル展開も大好きですが、たまにはあのほんわかとした空間に浸りたい・・・ああ、家族っていいなあ。


これから先、さまざまな障害がルチルに立ちはだかろうともーーーきっと何てことはないはず。帰る場所があるのだから!そこに三人で帰るために、きっとルチルは来週も、能力の新たな可能性を掘り起こしていくのでしょう。


今週の「次回に続く」!

◆BUYUDEN(次回予告)

3d538158.jpeg

次回、巻頭カラーで高校生編開幕!ということで・・・果たして3年後の勇たちはどうなっているのか、楽しみですねぇ!

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
Copyright ©  Studio Trefle All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]