忍者ブログ
Admin / Write / Res
神のみ・サンデーの感想ブログ。こっちはまじめ。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
旧ブログ
管理人:とれふる
twitter
Pixiv
TINAMI
インタビューズ

神のみぞ知るセカイを人生の主軸、少年サンデーとアニメを人生の原動力としている人。
絵やSSもたまに書きますが、これは人生の潤滑油です。つまり、よくスベる。

ご意見・ご要望があれば studiotrefle0510☆gmail.com の方まで、☆を@に変換してお気軽にどうぞ。
鮎川天理さんからの求婚もお待ちしています。
つぶやいてます。

最新コメント
[10/08 モンクレール 古着]
[10/08 mulberry briefcases bags]
[05/12 backlink service]
[04/12 hooky]
[04/04 viper]
最新トラックバック
(07/02)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
エネルギー補給源
神のみぞ知るセカイ

アマガミSS+plus

Another

偽物語

灼眼のシャナⅢ

モーレツ宇宙海賊

アクエリオンEVOL

機動戦士ガンダムAGE

あの夏で待ってる

未来日記

ギルティクラウン
[70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


前回に引き続き、ネタバレ注意報発令中!

アニメ開始まで、あと2週間!みなさんはFLAG.0はチェックしましたか?巷では「短い」と言われていますが、自分はアニメの雰囲気が分かったから十分かな、と思いますね。ネットではよく「オーラ」とかの言葉で表現されたりしますが、そういうものを、FLAG.0で存分に知れたので良かったですよ!エルシィも可愛かったですしっ。



……というわけで、あえて前置きを置いた今週の神のみぞ知るセカイは、114話「アポロ」です。今まで並列に並んでいた攻略キャラたちの均衡が、ついに崩れるお話でしたね。
美少女キャラがいっぱい出てくる話は星の数ほどありますが、そのキャラたちが全員並列でいるというところが、神のみの特異点であり、特筆点であり、そして何より「神のみらしさ」を形作っていたものでした。もちろんエルシィやハクア、天理にディアナとレギュラーキャラはいましたが……攻略が機軸となっている神のみでは、メインがむしろ離れたところにいる気がします。そしてそこは、どちらかというと中心から遠いのではないでしょうか。

なにはともあれ、自分はそういった理由から「キャラの順位付け」というものが……まあ、正直言って嫌いです(汗)!もちろん、twitterでもあるように好きなキャラはいるんですがね。ただ、あのキャラは微妙だ……とか、そういうのはちょっとお門違いでは?と思うんですよ。もともとキャラは並列にいて、誰が好きだとかは、そもそも偏見なんですよね、言っちゃうと。だからこそ、それで「微妙だな……」なんてのは思いたくないし、思ってもいけないと思うわけです。キャラの順位付けとかしちゃうと、その偏見が事実として変わってしまう。そういうのは嫌ですよね~。AKBでも総選挙とかしているけど、詳しく知らないと本当に「大島優子が一番かわいい」ってインプットされちゃいますよ。もしかしたら下のほうに、すごく良い子がいるかもしれなくて……そういうのが、順位付けによって隠れてしまうのはすごく残念だし。だから、じゃんけんでメンバー決めるっていうのは中々いいアイデアではないかと思うんですね。……まあ、多少極端かなとも感じますが!

話が逸れている気がしますが、今回の神のみで、その並列の関係性が崩れます。灯もなかなか突飛な結末となりましたが、彼女は結局並列に加わりませんでしたね。

そして、アイドル・中川かのんは、あの日の記憶を思い出す。



正直言って、かのんは予想外でした……。というか、自分は「女神なんていないでしょー」と半分高をくくっていたわけで(笑)。上記した自分の好きなキャラというのが、「天理」「かのん」「麻美ちゃん」なんですね。彼女たち以外は全員並列ですが。というわけで、かのんの登場が増えるのはすごい嬉しいですし、本当はこのブログも「かのんが女神だーっ!やったぜ!わはは!」みたいな、誰も興味のないただの歓喜の叫びを載せようとも思っていたんですよ?自重しましたが!

ともあれ、今まで色々なところで女神予測が行われていた訳ですが。今回アポロが登場して、色々と辻褄が合ってきましたね。確かに「この人は女神ではない」という可能性を排除していけば、かのんには辿り着くのかもしれません。しかし、桂馬くんは辿り着かなかった。なぜか?
それは「アポロが出てくるまでの時間差」がすべての問題ではないでしょうか。
桂馬くんが掲げている女神の疑問で、なぜその女子は自分と再び繋がりを持とうとしないのかというものがあります。その理由の一つに、まず「桂木桂馬は地獄の関係者なのに、女神が繋がりを持とうとしない」という謎があります。異常な事態なのは分かっているのだから、自分とコンタクトを取るはずだ……と桂馬くんは思っているわけです。
しかし、おそらくアポロが発生するまでの時間差によって、かのんもアポロもそのことを知りません。ディアナが前提として提示した「攻略した女子の駆け魂は偽装工作によるものであって本物ではなく、女神がいることによって記憶が消えずに残ったままでいる」……これがネックなんですね。まず、かのんの駆け魂は本物です。そして、記憶は消えなかったのではなく、思い出した。だから時間のロスが生じて、それを桂馬くんは記憶が消えたと勘違いしている。赤字で表示した前提を、アポロは巧みにすり抜けているんですね。
そしてこれをクリアする条件が、二つあります。一つは、桂馬くんと攻略者が安易にコンタクトを取れないこと。「取らない」ではなく、「取れない」です。これは今週の神のみでも表現がありましたが、かのんは桂馬くんの近くに誰かがいたり、ファンがいたりすると、ただでさえ忙しいのに余計に会話をしたりできない。ただ、できない原因も条件の二つ目とつながります。
その二つ目が、攻略対象者が、桂馬に振られたと思っていること。これは若木先生に「してやられた」と思いましたね……。かのんがまさにそれで、振られたと思っているからこそ、たまにコンタクトが取れたとしても、距離を置いた、たどたどしく他人どうしのような会話になってしまう。ましてや記憶は蘇ったものであり、信憑性も低いですしね。これによって、桂馬くんはより紛らわしく感じてしまう。テスト勉強の時のかのんは怪しかったですが、楠の再登場時に分かった記憶改竄が行われる手法をふまえると、あながち不自然でもありませんし。
この「振られて終わったから」というのは、考え付きそうで考え付かないですね!でも、この理屈が通じそうなキャラは結構います。かのん、純、みなみ、スミレ、檜……こうして見ると、終わり方が好きなキャラが多いなぁ。

二つ目の理由を説明できるキャラがその5人で、上の理由を伏線として用意してあるのはかのんだけですね。6巻のテストイベントは、正直「記憶は消えても、気持ちは消えない」ということを表現するのが目的だったのかと思っていたんですが、あれは見事な伏線だったんですね。確かに、天理編に入る直前というのは大いに怪しかった!

ま、なんか今回もよく分からんことをつらつらと述べていますが、今回の感想を端的にまとめれば「かのんが女神とか、これこそまさにオレトク!」とかそんな感じですね。好きなキャラベスト3の中で2人が女神とか……若木先生はさすがですね!個人的にはスキマが埋まってもかのんのヤンデレ気は抜けてほしくないので、桂馬くんには再び(みたび)スタンガン攻撃に合ってもらいましょう。残念ながら。

今週のニューキーパーソン!



設定の話ばっかりで、アポロについての話をぜんぜんしていませんでしたね。アポロはキャラデザも好きですが、話し方もまたいいですね。上の画像みたいなのはすごい好きです!神のみではあんまりいない、お茶目なキャラクターです。ディアナとの掛け合いは、今から想像してもかなり面白いものになりそうですよ。
そして、アポロとエルシィ……せっかくエルシィも進歩してきたのに、アポロと絡んでいたらまたリセットされてしまいそうなんじゃ……。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  Studio Trefle All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]