忍者ブログ
Admin / Write / Res
神のみ・サンデーの感想ブログ。こっちはまじめ。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
旧ブログ
管理人:とれふる
twitter
Pixiv
TINAMI
インタビューズ

神のみぞ知るセカイを人生の主軸、少年サンデーとアニメを人生の原動力としている人。
絵やSSもたまに書きますが、これは人生の潤滑油です。つまり、よくスベる。

ご意見・ご要望があれば studiotrefle0510☆gmail.com の方まで、☆を@に変換してお気軽にどうぞ。
鮎川天理さんからの求婚もお待ちしています。
つぶやいてます。

最新コメント
[10/08 モンクレール 古着]
[10/08 mulberry briefcases bags]
[05/12 backlink service]
[04/12 hooky]
[04/04 viper]
最新トラックバック
(07/02)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
エネルギー補給源
神のみぞ知るセカイ

アマガミSS+plus

Another

偽物語

灼眼のシャナⅢ

モーレツ宇宙海賊

アクエリオンEVOL

機動戦士ガンダムAGE

あの夏で待ってる

未来日記

ギルティクラウン
[349]  [348]  [347]  [346]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


FLAG.180.jpg
ボクのカラーはないのか!

今週の神のみぞ知るセカイは179話「ONE NIGHT GIGOLO」でした。長い道のりを辿ってきた歩美攻略が、ついに一本に繋がれたお話で……それにしても長かったですね、ここまで。

前回、ヴィンテージによって押し込まれた状況を打破するために、歩美の再攻略を最優先で進めることを覚悟した桂馬くん。今から告白しに行くーーーそんな言葉を投げつけて、彼は最大船速で突撃していきます。

なんというか、今週はすごく神のみらしい回だったなぁ……と思います。桂馬くんが展開の舵を握り、ヒロインを翻弄する。翻弄して導き落とす。これまで散々苦労してきた桂馬くんでしたが、今回に至ってはかなり有利な状況で物語を進めていますね。こうして考えてみると、やっぱりマルチタスクが苦戦していた一番の原因じゃないかなー、とは思うのですが。

今回歩美を攻略するにおいて、ちひろには物語の展開と流れを全て開示しています。ここまでくればちひろに女神がいないのは確定、のような気もするのですが……ともかく、ちひろというファクターを一旦ベルトコンベアから撤去したことによって、簡単に歩美を手のひらの上で転がすことができてますね。まあ、ヴィンテージの襲来とハクアの退治もといパフォーマンスによって、不穏な空気がひとまず流れたからかもしれませんが。険悪、というよりは気まずい状況にあった歩美とちひろでしたが、なんとかそれも流れたということで……ただし、解決はしていない。状況を知らされたちひろの対処ももちろんしなければならないということで、その辺りのアフターケアも桂馬くんには期待したいのですが。

43b98f6f.jpeg

しかしまあ、ちひろは強いですね!心が!つい昨日失恋したばかりだというのに、今では元気にツッコミを入れている。自分だったらできませんわ。どちらかというと、まだ理解できてないということの方が大きいような気もするのですが、「自分」ということについて全く触れないちひろはさすが。ただ、この反応は全てを清算したからというわけでもなさそうなんだよなぁ……どちらにしても、小阪ちひろという存在はきっと、歩美を再攻略するにあたって最重要な存在となるはずです。歩美が抱えている最大のストッパー、重石、乗り越えられないハードルは罪悪感ですから。ちひろに対する罪悪感と、自分に対する嫌悪感。果たしてこの二つを払拭させたりするのだろうかーーー歩美の再攻略はそのプロセスも気になりますね!三角関係って、どうすれば解決するんだろうか……マクロスF劇場版を見ておけばよかった。

歩美の抱えている悩みって、恋の悩みなんですよね。これは今までの神のみには決してなかった。
部活、
環境、
恐怖、
勇気、
弱さ、
輝き、
理想、
現実、
大人、
未来、
父親、
強さ、
自己、
確執、
世界。
そういった悩みを抱えてきた攻略少女たちを、恋によって解決する。恋でスキマを埋めちゃう、とエルシィは言っていましたが、必ずしも代替というわけではないのですよ。「悩んでいないで恋しちゃえばいいよ」というものではなくて、悩みに対する答えを導いて背中を押し出す。それが桂馬くんの“攻略”であり、落とすということなのです。きっと。現に記憶が蘇った女神持ちヒロインを見てみても、桂馬くんに対して恐ろしく恋焦がれている人は誰一人としていません。なぜならそれは悩みの代替として埋められた、寄りかかる柱ではないから。かのんの悩みなんて理屈で考えれば、恋なんかで埋めたらヤンデレ街道まっしぐらでしかないわけですよ。かのん編はその辺りがすごく顕著に出ていましたが、神のみのそういうところもすごく素敵だと感じます。檜は最後に桂馬くんにじっくりキスしてましたが、あれはどういう思いからなんだろうか……とか考えると楽しいですし!檜編は桂馬くんも「恋には落とせなかった」と言っていましたが、まあ、あの辺りのくだりも檜編が一番好きな理由ではありますね!

e4c8aa79.jpeg

状況的に考えれば、今の歩美はかのんの攻略時と同じような感じなんですよ。つまり、相手に、求められている。相手を求めることが直接悩みと繋がっている。歩美からメルクリウス復活に必要な愛を与えるためには、求められた愛を歩美に与えなければならないわけです。
いやなんか渋ってるみたいな表現だけど。この辺りはすごく結末が気になりますね……。つまり、歩美のエンディングはどこなのか。「月の世界に囚われているのを救い出す」とか「急いで大人になろうとしなくてもいいということを気づかせる」とか「勝ち負けが全てじゃないということを分からせる」みたいな、物語としての大きな流れの行き着く先がよく分からないんですよ。スミレ編なんかは「スミレとお父さんを仲直りさせる」という非常に分かりやすいものになっていましたが、今回の歩美は……ううん。「桂馬くんと仲良くなりたいけど親友のちひろがフられてしまった以上どうしようもできない、のを、どうにかさせる」というのがエンディングなのでしょうか。だったらそれこそ桂馬くんが歩美に対して「そんなのどうだっていい、君が好きなんだ」とか言えば一発で解決しそうですが、それはやっぱり表の面の解決でしかない。それこそかのん編のように、その場しのぎではない本物の結末が必要になる……と思ってはいるのですが。前提が間違っていたらすいません!
ただ「そんなのどうだっていい、君が好きなんだ」なんて、無粋にも程がありますわ。本来ならそれは最後の一言、女神の力を復活させるために言う言葉だと思うのですが、今回は悩みが「恋」である以上、その言葉の使いどころが……難しい!メルクリウスが消失した以上、歩美の悩みは恋だと信じ込んでましたがーーー違うかもしれませんね。それを探るのもまた、桂馬くんのお仕事です。がんばれ神様!

5b4bebc8.jpeg

言われんでもがんばっとるわ、と言われそうなくらい、桂馬くんは既にがんばっている訳ですが。今回も風呂場を覗き込んだり(語弊)、ぱんつを盗んだり(作戦)していた桂馬くんですが、それでもこれだけカッコイイというのは凄い。やってることだけ見たらただの外道だもん。道を外れている。人の道をーーーつまり、神。とは言いますが、神様なんて非常に危うい存在ですよ。信仰は人それぞれだし、そもそも信じられてすらいないかもしれない。神かどうかなんてのは主観の角度からでしか判断できないものですが、それでも自分は思ってしまいますね、桂馬くんはいい神だなぁと。いい感じに神ってる。「神ってる」方向が上か下かなんてのは至極どうでもいい話であって、そんなのは「山より高い」「海より深い」と同じで同義なのです。個人的には桂馬くんは「海より深い」男という感じがしますが、なんだろう……深海で重力反転して頂に立ってそうですよね。そんなもんだよ。

ただしイケメンに限るならぬ、ただし神に限る。夜道に女の子のぱんつ持って歩いてたら、誰から怒られても文句言えませんもんね。いや、持って歩いていたかどうかは知らないけど!人間界の駆け魂隊に勾留される危険を冒していても、最終ページで凛々しい顔ができる桂馬くんはさすが!深海に潜り込むには高いところから飛び降りなきゃいけないという事実を平然と受け入れ、実行するそのさまは痺れますね!ま、持ってるのはぱんつだけどさ。それにしても、女の子をぱんつで釣るってのは凄いですよね。ロマン。ロマン凄い。

eb01a60e.jpeg

今回の話を見ていて、個人的にはハクアがすごく好きになりましたね……これまでにあったやたら口を出してくるハクアはもういませんもん。達観している。好きな男が他の女のぱんつで洗顔ニキビケアをしていても動じない不屈の精神力を身につけたハクアの頼もしさも凄いものですよ。これまでハクアは不憫な役回りが多かったわけですが、覚醒ハクアの前ではやるせないイベントも一刀両断だぜ!ということで、今回は命の危機にさらされることなく歩美のぱんつで保湿することができてよかったね桂馬くん!それにしても、女の子のぱんつで顔を拭くってのは凄いですよね。だって、履くもので顔を拭いてるわけですから。豪華だ。札束で汗を拭くのとは次元が違いますよ!

最強アイテム・ぱんつを手に入れ、歩美との攻略の決着をつけようとする桂馬くん。果たして歩美はそれに応えるのか……そしてその先にあるエンディングとは。続く!


今週のカラー!

a08aedd9.jpeg

久方ぶりの表紙&巻頭カラー!見開きカラーがつくかな~とドキドキしながら待っていた訳ですが、見事に3ページカラーですよ!それこそ豪華!しかもユピテルの姉妹六人が勢ぞろいした豪勢な面子ということで、これはまた部屋のコルクボードに貼り付けるしかないっすね!女神はこれが正式カラーということでいいんだろうか……メルクリウスに緑系統の色が混じっていた以外は大方予想通りでしたね。ディアナは相変わらずよく分かんないけど……きっと天理と同じ色なんだろうけど、天理の髪色も謎というか変幻自在というか。アニメ設定では黒だったのですが、むう。

しかし、女神はやっぱりステキですね。絵になる。自分は女神持ちキャラの絵を描いても女神を付属させたり差分を描いたりしないのですが、今回の巻頭カラーを見ると描いてみたくなりますね!
そう考えると、女神という設定はそれこそアニメ映えすると思うのでぜひやってほしい!やるべき!自分の脳内では、女神が顕現するときは良質作画の変身バンクが流れて女神持ちの女の子が体光らせながら全裸になって新たに服を着る、というメタモルフォーゼ的な演出を期待してはいるのですが!プリキュアみたいな。そうなると、あざといじゃんけん枠はミネルヴァっすね。ぴかぴかぴかりん!

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
Copyright ©  Studio Trefle All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]