忍者ブログ
Admin / Write / Res
神のみ・サンデーの感想ブログ。こっちはまじめ。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
旧ブログ
管理人:とれふる
twitter
Pixiv
TINAMI
インタビューズ

神のみぞ知るセカイを人生の主軸、少年サンデーとアニメを人生の原動力としている人。
絵やSSもたまに書きますが、これは人生の潤滑油です。つまり、よくスベる。

ご意見・ご要望があれば studiotrefle0510☆gmail.com の方まで、☆を@に変換してお気軽にどうぞ。
鮎川天理さんからの求婚もお待ちしています。
つぶやいてます。

最新コメント
[10/08 モンクレール 古着]
[10/08 mulberry briefcases bags]
[05/12 backlink service]
[04/12 hooky]
[04/04 viper]
最新トラックバック
(07/02)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
エネルギー補給源
神のみぞ知るセカイ

アマガミSS+plus

Another

偽物語

灼眼のシャナⅢ

モーレツ宇宙海賊

アクエリオンEVOL

機動戦士ガンダムAGE

あの夏で待ってる

未来日記

ギルティクラウン
[343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FLAG.179.jpg
さ~くらいろ~さ~ぷらいず~♪

今週の神のみぞ知るセカイは178-2話「ONCE UPON A TIME IN MAIJIMA」でした。汐宮栞、無限の世界を闊歩する文学少女がたどり着いた新たな世界は、予想以上に濃密な世界で……というお話でした。

前回、神のみでその汐宮ワールドを見せてくれたときは宇宙戦争をやっていた栞ですが、今回はガンマンということで。守備範囲広いなぁ……そして当然のごとく饒舌ですね。



1.シオリ・シオミヤ
海賊船バルバルーサで船長の娘をやっていた(たぶん)頃とはまた違った栞の一面が描かれていますが、毛色が違ってもすごく栞らしいですね。栞って、言動や思想がけっこうシビアなんですよ。切り捨てたいと思うものはその存在が悪かのように糾弾するし、自分の周りの世界の固め方も強引だし、相変わらず自分の定めたフィールドの中では強い。それを他人と会合させられないというのが問題だったわけですが。桂馬くんからの再攻略を経て、少しはオープンになった……と思いたいですね。あと、派生世界の中の栞は異常なまでにクールですね、いつも。理想というか、現実との対比というか、ひとつの自虐から発生する自分らしさというか。



2.ダーマ
圧巻の悪漢。なんというか、不憫な役回りというか……。児玉先生には明確なコンセプトもなければ、それほど人気やファンの入るキャラでもないのでヒジョーに便利なキャラですね!ヴィンテージの親玉も児玉先生でいいんじゃないだろうか。ともあれ、悪役が似合うというか。普段の言動の延長線上にあるせいで違和感を覚えたりはしないし、しかもなんとなく許せてしまう。神のみの男キャラはやっぱりみんな愛嬌があるなぁ。リョーくんとか。
っていうか児玉先生、妻子持ちだったのですね!確かにプロトタイプ読みきりのときの児玉先生は、どことなくイケメン(!)というか、確かにアメリカ辺りでジム通っていそうなよくある風貌なキャラだった気がします。た、たぶん。しかしよく考えてみると、別に児玉先生がナイスガイである必要はないと思うのです。ネタキャラでいいじゃん。なんといっても愛嬌があるし。



3.ユリ・ニカイドウ
なんか早く焼肉食べたいって顔してますね。



4.アユミ・タカハラ
汐宮ワールドでは、正義の使者・保安官の助手をしている歩美。曲がったことは大嫌い!だって減速しちゃうし!といった感じで児玉先生を弾圧しようとしていますが、さすがに銃を向けられると弱いようで……歩美の武装は足が基本なので、今回のような世界観だとどうしようもないですね。走って追いかけようにも相手は馬だし。ただ、体育祭の時の特急二人三脚を見るに馬相手なら楽に勝てる気がする!速さを追求した歩美が、二足歩行という人類最大のギャップをかなぐり捨ててトップを狙うのも時間の問題かもしれない!がんばれスプリンター!



5.チヒロ・コサカ
記者として、情報を司るちひろ。舞島学園でもイケメン情報の発信源となっていそうなちひろには、意外と向いている職業かもしれません。トレンドを追いかけることが好きな熱しやすい女の子のちひろが、ファッション雑誌なんかを読み漁っていくうちに創作サイドに興味を持ってもおかしくはないですからね。新発売の肉まんを常にリサーチしている時点でその素質はあるのではないだろうか!ちひろが目指している「光り輝く場所」とは正反対の場所ではあるけど、自分はちひろは常にいぶし銀で輝いていると信じているので。大事なのは照明の明るさじゃないのさ!



6.スミレ・ウエモト
荒廃した地で、女主人として店を営むスミレ。オシャレなセリフと共に麦茶を差し出していましたが、やっぱりこういう庶民的なところが好きですね、スミレ。確かにスミレの家の冷蔵庫って、夏場は麦茶しか入ってなさそうな気がするもん!ラーメン店なのにジュースがあるなんておかしい、という主張をお父さんもしてそうだし。すみれやの注文表には、きっとラーメンチャーハンギョーザくらいしかないのでしょう。いいなあ……ラーメンはどうにもチェーン店しか入る勇気がなくていつも羨ましいと思っています。最寄の駅前に美味しいと話題のラーメン店があるんですが、いつかは行ってみたいですね。前橋駅前のやつです。神のみ関係ない。



7.ミオ・アオヤマ
主人のスミレ……の下で従業員として働く美生。ぬう!自分はどうにも「精一杯働く美生」というのがすごくツボで、もうその話をされるだけで美生の頭を撫でたくなってくるんですよ。いい子やなあ。女神がいるということで攻略済みヒロインと再接触を試みていた桂馬くんでしたが、美生はそのイベントのおかげで魅力が跳ね上がりましたね!きっとせっせと働きつつ、稀にビンを落としたりするんだろうなぁ。で、それを掲示されている報告書に書くつもりが掲示場所が高すぎて書けない、と!助けて森田!ちっちゃくないよ(どっちかというとちひろ)!



8.クスノキ・カスガ
9.ヒノキ・カスガ
10.リエコ・ヒナガ
大人の色気漂う三人集。この三人には勝てんわ!力も強そうですが、何よりみんな攻略がいい話なんですよ。梨枝子さんは言わずもがなだし、楠檜も檜編のことを考えると胸がきゅっとなりますな。檜編は今思い返しても感動するくらい好きなお話ですね。神のみの100話は178話通算した中で一番好きかも。自分は人が死んだり、好きな作品が最終話を迎えたりしない限り「作品」で泣いたりはしないのですが、100話の檜は……なんだろう、すごく心にきました。檜編も梨枝子編も恋愛要素とは乖離したお話でしたが、どっちもステキですね。ただ、やっぱり一番色気があるのは楠。やればできる子。



11.ユイ・ゴイドウ
歩美と共に保安官助手を務める結。男らしく勇猛果敢に勧善懲悪ストーリーを組み立てようとする結ですが、こういうところがやっぱり結らしいですね。結は「男装女子」もとい「男の子っぽい女子」という、最近だとそれほど珍しくもない特徴を持ったキャラクターではあるんですが。アイマスの真とか。そういうキャラと比べると、結は非常に「実はかわいい」というところが表現されてないのは珍しい。男っぽいけど、実はこんなにかわいいんだよ……という、ギャップ萌えの極地ともいえるそれがあまりない。かっこよさが一貫して描かれていてもこれだけ魅力的というのはスゴイですね!たぶん桂馬くんが女っぽいからだとは思うけど!いつか結が再び女の子としての面を見せてくれることを楽しみにしてます……主にトイレで。



12.リョウ・アサマ
今回の特別編で、児玉先生の次にいい味を出している亮くん。なんだろう……キャラを確立させるラインが低いというか、非常に自由度の高いキャラクターですよね。桂馬くんがいきなり懐からかのんのCD出したら違和感しかないけど、亮くんだったら納得ちゃいますもん。きっと何をやっても、亮くんだったら「ああ、やってそうかも」で済むんでしょうね。1200円のCDを宝物にしちゃう心の広さ(認識の狭さ)も、値段同じなのに通常版買ってしまってそうなところも、全てが浅間亮という人間の中に溶け込んでいく!それでも透明でい続ける亮くんは、やっぱりすごい。っていうか自分は亮くんの宝物はポテチかと思ってたけど違うのね!



13.ミヤコ・テラダ
14.アカリ・クラカワ
なんか、一度に相手にしたくない二人が一度に来ましたね……。このコマだけすごい「やらされてる感」だし、灯は絶対万事休してないよね!
よく見てみると、灯は商店をやっているようで。本編では悪魔にも神にも人間にも属さない灯らしいですね……この特別編全体に言えることですが、この物語が「神のみ」の作品をうっすらと形作っていたりしたら面白いと思うのです。比喩、というか。ギャグでやられていたことと全く同じことが本編でも起こる、みたいな。しかも全く笑えない形で。感想記事タイトルも、その辺りを匂わせながら付けたタイトルではあります。そっちは関係なかったけど。
あと、どうでもいいんですが、この京ちゃんの「もうどうしようもないわ!」は中々に汎用性ありそうですね!京ちゃんに「もうどうしようもない」って言われたら、本当にどうしようもなさそうですもん。



15.ナナカ・ハイバラ
しかし、どうしようもなくなんてしてられない。そのために立ち上がった栞は、闘いへの準備を進めます。まず最初に向かったのは武器屋を営む七香のもと。ナニワの商売根性見せたるで!という勢いで楽しそうに販売している七香ですが、いや本当に楽しそうでよかった!七香がお店を立ち上げたら、そこで銃を買うたびに大根を一本オマケしてくれそうだもん!将棋でウチに勝ったらタダにしてやる!みたいな。今にして思うと、七香に女神がいなくてよかったなぁ……と思いますよ。七香にだけはいて欲しくなかった!七香には世界の命運とか神の一柱とかなんて気にせず、ずっとにこにこ笑っていてほしいですから。そしてぜひ作中で天理にイタズラをするんだ!なんや鮎川ーまた胸大きくなったんかーみたいな!うん!



16.ツキヨ・クジョウ
棺桶屋でひっそりと商売をする月夜。月が見たいので午後5時で店じまい……してそう。しかし棺桶屋なんて物騒な仕事してますねぇ、イメージとしてはピッタリですが!黒装束が似合うこと似合うこと。なんかカオスの欠片を集めてお菓子食べながら謎解きしたり、書架を管理してお菓子食べながら奇怪な本を探してそうですね。アニメ三期をやるとすればきっと月夜からだと思うので、最近は動く月夜をイメージして楽しんでるわけですが……ふわふわした服を着たお人形のような月夜は間違いなくアニメ映えすると思うの!ぜひお菓子食べながら攻略されてほしいですね。そういえばルナもいないので安心。



17.ミナミ・イコマ
モブ子ちゃんと一緒にカタコトで話すみなみちゃん。ここに関しては関連性が皆無でコメントすることがないのですが、まあ、ここのみなみが誰よりもかわいかったからいいや!



18.ジュン・ナガセ
軍よ!観念しなさい!と司令官を演じる長瀬先生。きっとノリノリ。長瀬先生も、先生なんていう繊細な職業に就こうとするから苦労するのであって、警察みたいな完全なる悪と戦う場所を選べばもっとスムーズに進んだんじゃないだろうか……とは思うけど、やっぱり教師でいてほしいですね、長瀬先生。ただそれ以上に、ノリノリな長瀬先生が見たい!と思ってしまう。長瀬編もだいぶ重い話で、それこそ善と悪、正しいか間違っているかの二択に振り回される話だったのでね……でも、長瀬先生は流れに乗り出せばガンガン行けるタイプのような気がするので大丈夫かな!久しぶりに長瀬先生を目にしたけど、やっぱりステキだ……また二階堂先生と歌っていたDearest聴こう……。



19.ケイマ・カツラギ
「なんかドタバタした話だな」という一声でオチを引き締める桂馬くん。神のミワザ



20.タミキ・ワカキ
ちょくちょく作品内に干渉して宣伝をしてくる若木先生ですが、このノリも2巻の栞編以来かと思うと感慨深いものがありますね。あの時は1巻の宣伝だったけど今は16巻ですよ。すごい。昔、攻略をメインにやっていたときはこのノリも平常時のノリだったんですよね……。そう考えると、現在の本編の重さと辛さと厳しさというのは早く終わってほしいと思います。ダークな展開も楽しいし、新しいキャラの一面が見れて新鮮だけど、やっぱりみんな笑顔でいてほしいですよ。今回の番外編は、忘れかけていた何かを思い出したような気がします。ありがとう若木先生、そしてこのノリを本編に取り戻すために、がんばれ桂馬くん!


今週のハネムーン!

d589960d.jpeg

21.テンリ・アユカワ
WAHAHA!ひゃーはははこれは良い女だ!いえーい!(全力で走り去る)

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
◆ 無題
かのんちゃんを忘れてますよー
たとえCDの宣伝でも!
あと欄外にエルシィとハクアがいるのも忘れてます
そのた 2012/02/29(Wed)20:33:08 編集
Re:無題
悪魔二人のちゃっかり出演具合がかわいいですよね!
とれふる  【2012/03/01 19:30】
◆ 無題
久しぶりにディアナの出ない天理だけの回でしたね!
NONAME 2012/03/01(Thu)03:13:00 編集
Re:無題
そーなんですよー!しかも天理は相変わらずかわいいし、今週はそれだけでもお腹いっぱいでしたっ。
とれふる  【2012/03/01 19:31】
Copyright ©  Studio Trefle All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]