忍者ブログ
Admin / Write / Res
神のみ・サンデーの感想ブログ。こっちはまじめ。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
旧ブログ
管理人:とれふる
twitter
Pixiv
TINAMI
インタビューズ

神のみぞ知るセカイを人生の主軸、少年サンデーとアニメを人生の原動力としている人。
絵やSSもたまに書きますが、これは人生の潤滑油です。つまり、よくスベる。

ご意見・ご要望があれば studiotrefle0510☆gmail.com の方まで、☆を@に変換してお気軽にどうぞ。
鮎川天理さんからの求婚もお待ちしています。
つぶやいてます。

最新コメント
[10/08 モンクレール 古着]
[10/08 mulberry briefcases bags]
[05/12 backlink service]
[04/12 hooky]
[04/04 viper]
最新トラックバック
(07/02)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
エネルギー補給源
神のみぞ知るセカイ

アマガミSS+plus

Another

偽物語

灼眼のシャナⅢ

モーレツ宇宙海賊

アクエリオンEVOL

機動戦士ガンダムAGE

あの夏で待ってる

未来日記

ギルティクラウン
[338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330]  [329]  [328
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FLAG.178.jpg
ボク、今週関係ないよね?

今週の神のみぞ知るセカイは178話「特異点」でした。ヴィンテージによってひっくり返された物語が、どうにか体勢を整えるお話で……同時に、桂馬くんにもブーストがかかりましたね。

前回、ヴィンテージによって崩れきった状況を建て直そうと、戦力を再判断した桂馬くん、ですが……女神として残っていたのはディアナのみということで。いくら歩美の中にメルクリウスがいるとしても、かなり分の悪い状況ですねぇ。
今の状況を打破するためには「女神を集結すべき」、と桂馬くんは言っていましたが……作中でリューネが上の誰かに問いかけていたのと同じように、やっぱり女神というものは今の流れを覆す大きな力と成りえるものなのでしょうか。リューネのもとには、女神を殺すなという通達が来ていましたが。これはどういうことなんだろうなぁ。一番に思い浮かぶ理由は、やっぱり、ヴィンテージ側も女神を"利用"しようとしているという可能性の存在。生かしておく理由としては、それが一番明確かなぁ……と。女神が地獄を封印するほどの力を持っていて、今はそれを失っているという状況である以上、確かにヴィンテージが利用しないわけもないとは思うのですが。単に邪魔な存在というわけでもなさそう。
 
まあ、もしくは、見せしめ……とか。ヴィンテージが一つの存在のまとまりで、グループである以上、そういったものも必要なのかなーと思います。灼眼のシャナⅲを見てるせいかもしれないけど。ただ、ヴィンテージが思想が危険な集団であることは変わりないので。そういうところから考えても、過去の天界における力の象徴であり、旧地獄における負の象徴である女神を祭り上げて討つことで士気やらなんやらに繋げていくつもりかもしれません。そのついでにヴィンテージのトップが大命宣布して、味方の士気をあげつつ敵のやる気を打ち砕くみたいな。まんまシャナだけど。
 
そういえば、ヴィンテージのトップってまだ出てきてないんですよねぇ。最強キャラのリューネですら、派遣組の小隊のリーダーレベルですもん。きっとより上に、デカイ椅子に座ってレーダー眺めてるボスがいるはずですって。もしくはその下の四天王とか。さらに下にトリニティとか。それがリューネという段階を踏ませるために出演してきていないのか、それともそこまでやるつもりがないのかは分かりませんが。
分かりませんが、
桂馬くんは、やるつもりはないみたいですね。

c7106728.jpeg
今回、桂馬くんは「戦争を始めてはいけない」と言っていました。これはまあ、日和主義な発言ではなく―――単純な、危険度勘定によって導かれた結論のようですが。確かに神のみって、戦闘シーンなんてなくていいんですよ。かっこいいけどね!かっこいいけど、戦うことで物語のコンセプトにはきっと近づくことはできない。むしろ「戦うべき」「戦うべきでない」という理屈の理由を述べることが、ずっと派手で、意味のあることなのかもしれません。少なくとも神のみにとっては。というよりかは、桂馬くんにとっては。
 
もっと単純に、戦ったら負けるということもあるかもしれませんけどね。がっぷり四つで戦って勝てるだけの戦力は今の人間たちにはない。ATフィールドを持つ相手にミサイル打ち込むよりかは効果あるかもしれませんが、それこそ戦争になってしまえば―――もう、負けを認めて地獄の支配下に入るしかない。そんなのは勘弁ですよ。だって、ゲームできないし!
今の状況において一番大切なことは、戦いに勝つことではなく戦いを始めないこと。手に入れたいものが一緒だとすれば誰だって後者を選びますわ。できるかどうかは別として。こういう選択をするところも、すごく桂馬くんらしいなぁ―――と思うわけですが。だって戦争って、止めるものじゃないんですよ。普通の思想だと。それなのに、ああやって本当の可能性を導き出せる桂馬くんは凄い。攻略の時に散々披露していた「究極理論のショートカット」が今回も炸裂していますね……どうあっても理想論を掲げ、妥協することなく困難な状況でも上を見上げる。そういうことができるから桂馬くんは強いし、こうやって色々な女性にモテるのでしょう。
 
うーん、やっぱり桂馬くんは凄い。天理が好きになった男だけのことはありますな、今更ながら。天理に告白して「私、他に好きな人がいるんです」なんて言われたら、血眼になってその男を探して血祭りにあげるけれども、その相手が桂馬くんだとすれば納得するしかないですなぁ。分かるよ。自分が女だったら惚れてるもん。
 
と、ここでいつもどおりに、本題の「どうやってそのショートカットをゴールするか」が始まるわけですが。けっこう曖昧な指針なのでそこまで桂馬くんの中にはっきりとしたスケジュールはなさそうですが……それも含めてどうにかするのが、神の力の見せ所ですね。そして読者が一番魅せられる所。エンディングへの一本道を力ずくでこじ開けて、そこを悠々と歩く桂木桂馬の姿がやっぱり神のみで一番好きなところなので。アニメ二期のオープニングのように、周囲の喧騒と要素を気にもせずに進んでいってほしいですね。ヴィンテージ編でそうなるにはちょっとまだ時間がかかりそうですが……。
e98710b5.jpeg

しかし、ディアナはこれからどうなるんだろうか。ハクアは既に数人のヴィンテージを退治して名実ともに強い女となっているけれど、果たしてディアナの力でヴィンテージに抗うことはできるのかと考えると……ちょっと不安ですね。やっぱりマルスがリューネにやられているというのが大きい。まあそれは相手が百鬼夜行を引き連れるリューネさんだからかもしれませんが、翼のことも含めるとディアナはどれくらいの力量なのか。というより、ハクアは中途半端に力が蘇っている女神より強いのでしょうかね。
 
そういえば、女神でマルスの次に強いであろうウルカヌスさんはヴィンテージに捕獲されてましたね。あの蜘蛛の巣がリューネの固有技でないかぎり、ウルさんはヴィンテージの雑魚兵に捕まったのでしょうか。そうなると、翼程度の覚醒ではアルティメットハクアよりも実力は下なのかもしれませんね。ハクアはそんなに強いのか……でも確かに、ウルカヌス相手ならハクアでも勝てそう。ミネルヴァはお菓子で釣れそうだし、あれ、あんまり女神って強くない……?やっぱりマルスが惨敗っていうのは何週も引きずるくらい衝撃的ですねぇ。
 
5ae5f62c.jpeg

だからこそ、桂馬くんは戦争を避けているわけですが。かといって、歩美の中のメルクリウスを覚醒させることで状況は変えられるのだろうか……桂馬くんだから何かあると信じていますが、メルさんはそんなに強いのかなぁ。医学的に強いみたいなことをウルカヌスが言っていた気がしますが、果たしてどうなるのやら。
 
ま、やっぱり最終的な鍵はアポロの大仕掛けでしょうかねぇ。一番爆発力のありそうな女神ですし。かのんのファイナルヒロインオーラやばいし。最終回二話前くらいで「愛・おぼえていますか」を歌いだしても誰も文句言わないレベルですよ。そこまで行けば勝利は約束されるけど!

残された少ない鍵を探して奔走する桂馬くん、の裏で画策する大きな陰謀。そして放っては置けない三角関係。がんばれ桂馬くん、優雅なゲームライフはすぐそこ……なのか?
 
 
今週の来週の予告!
 
ff0c76e7.jpeg

ということで、来週は特別編「天理のみぞ知るセカイ」をお届けします。たぶん。きっとエルシィではないはず。たぶん。麻里さんの旅行記でもないはず。まあ何にせよ、久しぶりに楽しい神のみが見れるといいなぁ。天理とか。

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
Copyright ©  Studio Trefle All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]