忍者ブログ
Admin / Write / Res
神のみ・サンデーの感想ブログ。こっちはまじめ。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
旧ブログ
管理人:とれふる
twitter
Pixiv
TINAMI
インタビューズ

神のみぞ知るセカイを人生の主軸、少年サンデーとアニメを人生の原動力としている人。
絵やSSもたまに書きますが、これは人生の潤滑油です。つまり、よくスベる。

ご意見・ご要望があれば studiotrefle0510☆gmail.com の方まで、☆を@に変換してお気軽にどうぞ。
鮎川天理さんからの求婚もお待ちしています。
つぶやいてます。

最新コメント
[10/08 モンクレール 古着]
[10/08 mulberry briefcases bags]
[05/12 backlink service]
[04/12 hooky]
[04/04 viper]
最新トラックバック
(07/02)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
エネルギー補給源
神のみぞ知るセカイ

アマガミSS+plus

Another

偽物語

灼眼のシャナⅢ

モーレツ宇宙海賊

アクエリオンEVOL

機動戦士ガンダムAGE

あの夏で待ってる

未来日記

ギルティクラウン
[28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
毎週恒例、神のみぞ知るセカイ感想シリーズ。
今回は、FLAG106「Three of A Perfect Pair」ですよ!

先週の流れから続き、桂馬&天理〈ディアナ)&ハクアで遊園地に来たわけですが……案の定、
修羅場に!いやはやうらやましい限りですが、桂馬くんはいつも通り迷惑にしか感じていない
ようですね……。

ちなみに、前回の感想で「ハクアと天理がもっと親密になってほしい」と自分は言っていましたが、
今回のトライアングルデートを経て、二人の距離が少し縮まったのではないでしょうか?ハクアも
天理の名前を覚えてくれたし。まあ、距離が縮まった……といっても、二人とも主人公との距離は
一向に縮まらないわけですが。


そして、それ以外にも、今回は物語が少し動き出します。
それが、桂馬くんの計画の露出。



落とし神さまがいったいいつ頃から構想していたのかは分かりませんが、舞高祭を利用した攻
略キャラの一斉検査。神のみを読み続けているファンならば、おそらく全員が背筋を凍らせた瞬
間でしょう!
舞高祭がいつ頃描かれるのかは分かりませんが、これから先は攻略中心から女神探し中心へ
と完全にシフトするのでしょうか?個人的な予想は女神は「誰の中にもいない」だと思うんです
が、どうでしょう。「神のみぞ知るセカイ」という漫画はたくさんの女子が出てくる漫画ですが、エ
ルシィ・ハクア・天理を除いて、攻略キャラと呼ばれる人は「立ち位置が並列」です。そして、それ
が神のみの一つの特徴の気がしますね。並列であり、限りなく0に近い。ネット上でもいろいろな
人が言っていますが、女神がいるとそのキャラクターだけ「並列から抜き出て」しまいますよね。
階級が上がるわけです。だとすると、誰にもいないというのが穏便かなぁ……と思います。月夜
のおまけ漫画のルナが怪しいから、月夜じゃないの?という意見もありますね。でも、女神って、
人間の中にいなくてはいけないのでしょうか?ルナという人形の中に女神が……なんて。
いや、だったら、楠のあのネコに女神がいる……とかの方が説得力あるかな?

個人的な見解ではなく、個人的な願望を言えばかのんの中にいて欲しいですが、あの「じゃあ
ね」っていう言葉がかのん編の象徴ともいえるので。今のままでいいかなぁ。


ちなみに。



若木センセ……こういうコマこそ、1ページくらい使って描くべきですよ!少年誌だし!


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  Studio Trefle All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]