忍者ブログ
Admin / Write / Res
神のみ・サンデーの感想ブログ。こっちはまじめ。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
旧ブログ
管理人:とれふる
twitter
Pixiv
TINAMI
インタビューズ

神のみぞ知るセカイを人生の主軸、少年サンデーとアニメを人生の原動力としている人。
絵やSSもたまに書きますが、これは人生の潤滑油です。つまり、よくスベる。

ご意見・ご要望があれば studiotrefle0510☆gmail.com の方まで、☆を@に変換してお気軽にどうぞ。
鮎川天理さんからの求婚もお待ちしています。
つぶやいてます。

最新コメント
[10/08 モンクレール 古着]
[10/08 mulberry briefcases bags]
[05/12 backlink service]
[04/12 hooky]
[04/04 viper]
最新トラックバック
(07/02)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
エネルギー補給源
神のみぞ知るセカイ

アマガミSS+plus

Another

偽物語

灼眼のシャナⅢ

モーレツ宇宙海賊

アクエリオンEVOL

機動戦士ガンダムAGE

あの夏で待ってる

未来日記

ギルティクラウン
[221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [4]  [3]  [2]  [1]  [216]  [215
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今週の神のみぞ知るセカイは151話「Arrested Development」でした。勇断で室長へと干渉したハクアの行く末が描かれるお話でしたね……って、こんなこと書くと死んでしまうみたいですが。 

前回、栞の再攻略にケリをつけた桂馬くん。ミネルヴァの力を覚醒することにも成功しましたが、いくら神といえども器は人。過酷な攻略スケジュールをこなしたおかげで、桂馬くんはついに風邪に倒れてしまいました。
 

 
風邪をひく桂馬くんなんてのもかなりレアな桂馬くんではありますが、へらず口は相変わらずということで、言葉だけは強気ですね。これまでも空腹だったり、睡眠不足だったり、神モード発動のしすぎだったりで体力的にピンチに陥っていた桂馬くんですが、今回ばかりは大変そうですよ。
ラブコメにおいて、主人公が風邪をひいて寝込み、それをヒロインが見舞いにくるっていうのはすごーくありきたりなイベントです。二次元では。サマーウォーズで「屋上であの子とお昼イベント」みたいに言われてましたが、テンプレともいえるそのような展開も、現実世界では頻出したりはしないのであります。あ、歩んできた人生のせいとか言うな!みんなそうでしょ!
風邪で寝込んだところにかわいいヒロインが看病しにくるなんてのは、現実ではありえないにしても、どうしたって心惹かれるイベントなんですよ。自分がされるかどうかというよりも、ラブコメ作品の中で、主人公とヒロインがそうなっているのを見るのは一つの儀式のような気がします。気がします、が。
今現在の神のみはヒジョーに不穏なハーレムが形成されてますからね……桂馬くんの主動力が完全に働かない今、下手をしたら大修羅場に突入の危機ですよ!なんて羨ましい!果たして落とし神はこのピンチをチャンスに塗り替えることはできるのか!がんばれ桂馬くん!羨ましいぞこのやろう!
 
ま、看病イベントで一番楽しみなのは、ヒロインの心情だったりもするのですが。この美味しいイベントをつかむのは誰だ!天理か!
 
一方、地獄ものっぴきならない状況のようで。
 
ヴィンテージの存在を危惧して、室長に話をもちかけるハクア。さすが地区長と言わんばかりの行動力ですが、作品の性質上、やっぱりこういう行動は裏目に出ますね……決死の告白も室長に軽くあしらわれ、拍子抜け……している暇もなく、退出ゲートで拘束されてしまいます。
 
監獄のような場所に幽閉されたハクアのもとに来訪したのは、ノーラさん。今週はノーラさんのかっこよさが際立つ回となっていましたが、それにしても彼女の存在感はピカイチですね。萌えキャラというわけでもなければ、利害を常に念頭に置くどちらかというと嫌なキャラにもかかわらず、「ノーラさんきた!やっほい!」となるわくわく感。神のみのキャラっていうのは、ノーラ以外……フィオーレでさえも、自分の信念というものとみんながみんな戦っているんですよ。理想をかなえるために、何かを手に取るために、悩んで苦しんでふらふらと前に進んでいる。ただしノーラさんに限ってはそういうものと乖離していて、一段階上から正論を振りかざしてくるんですよね。天理の攻略のときも「愛と憎しみなら、憎しみのほうが多い」みたいな身も蓋もないことを言っていましたが、身も蓋もないと感じるのは正論だからですよ。



正論は人を傷つける。いつだって」と阿良々木くんも言っていましたが(うろ覚え)、理想をおいかけることをテーマとした神のみにとって、ノーラさんみたいな「ちひろとはベクトルの違う『It's all right』」を持つキャラは非常に珍しい。ただ逆に、だからこそ、ノーラさんがいないと進まない話というのももちろんあって、今回がまさにそれでした。「室長がヴィンテージなんでしょ」と飄々と言ってのけることができるのは、ノーラさんだけでしょう。ノーラさんは同族のフィオーレも疑ってましたしね。そういう達観した目線は、桂馬くんにも難しいのではないだろうか。
 
今週のドクロウ室長!


 
ドクロウ室長、本当にヴィンテージなのだろうか……ひねくれた見方をすれば、実はこの拘束はハクアの身を守るためだった……みたいのだったら嬉しいんだけどなぁ。ドクロウ室長かわいいんだし!
 
 

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
◆ 無題

今回は、読者が、薄々恐れていた展開ですね


まぁ、ノーラの言うとおり遅かれ早かれ…ですが


ハクアが、捕まったとなると桂馬や女神達も危ないですね


桂馬は、フィオーレの事で、ヴィンテージが来たら受けて立つみたいですが策があるのかな?


桂馬には何の力も無いから誰かに助力を求めるのかな?


例えば、隣の家の幼なじみとか!
Airride 2011/07/23(Sat)01:38:43 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  Studio Trefle All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]