忍者ブログ
Admin / Write / Res
神のみ・サンデーの感想ブログ。こっちはまじめ。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
旧ブログ
管理人:とれふる
twitter
Pixiv
TINAMI
インタビューズ

神のみぞ知るセカイを人生の主軸、少年サンデーとアニメを人生の原動力としている人。
絵やSSもたまに書きますが、これは人生の潤滑油です。つまり、よくスベる。

ご意見・ご要望があれば studiotrefle0510☆gmail.com の方まで、☆を@に変換してお気軽にどうぞ。
鮎川天理さんからの求婚もお待ちしています。
つぶやいてます。

最新コメント
[10/08 モンクレール 古着]
[10/08 mulberry briefcases bags]
[05/12 backlink service]
[04/12 hooky]
[04/04 viper]
最新トラックバック
(07/02)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
エネルギー補給源
神のみぞ知るセカイ

アマガミSS+plus

Another

偽物語

灼眼のシャナⅢ

モーレツ宇宙海賊

アクエリオンEVOL

機動戦士ガンダムAGE

あの夏で待ってる

未来日記

ギルティクラウン
[146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今週は私のターン!


 
なんだかあっという間に一週間が回ってきましたが、今週の神のみぞ知るセカイは136話「代理戦争」でした。ハクアがシャープペンシルへの進化を渇望する話……に、なるわけもありません。

前回、見事な攻略で月夜を再落した桂馬くん。月夜の体からは羽が生えて、いよいよウルカヌスも復活……というところで、今回は一転してハクア側のストーリーでした。捕らわれたハクアとノーラに対して、フィオーレは当然のごとく不遜な態度で接します。



今週はなんといっても、フィオーレの出番が多かったですね!いまいち緊張感のない悪役ではありますが、やっぱりフィオーレは見ていて楽しいキャラですよー。桂馬くんに挑戦的な態度を取っているときも冷や汗をかいていたり、拳を腰にあてて威張ったり……悪魔特有の小市民っぽさが頻出してます!やってることは悪いことなんですが、応援したくなる……神のみらしい悪役ですねぇ。でも人を刺しちゃダメだよ!

フィオーレも、ハクアたちに対する対応としては悪くないんですが……やっぱり、この人には一歩及ばず。



というわけで、今回も桂馬くんの圧倒的な眼力が火を噴いています。とんとんと進む展開の中で、桂馬くんが一つのストッパーでありドライバーになっているのかなーとは思いますが……それにしても、読者の期待を裏切らない!桂馬くんは容姿的にもイカす人ではありますが、やっぱりその性格が一番かな!個人的には、作戦が成功したあとの飄々としてる感じが好きですね……してやったり、みたいな顔をしてない。してる場合じゃない……と思っているのかもしれませんが。

今回の話では、フィオーレの心の内側も少しずつ明らかになってきました。



「お前はマジメで良い娘だったじゃないの」
勾留ビンの中で、ハクアはフィオーレにそう言いました。それに対してフィオーレは、メガネで瞳の色を隠して返答します。
「悪魔が悪いことするのは…普通のことよ!」

フィオーレは、悪事を働くことこそが正しく、邪悪であることこそが義としました。道理としてではなく「そういうふうにあるべき」として。勤勉だったフィオーレが導き出した結論はそこだったんですね……一見するとハクアと似たようなスキマを持っているように見えたフィオーレでしたが、実際の根底の部分では異なっているのかもしれません。

ハクアは一番になれなかった自分のことを、素直にダメだと思えずに苦しんでいました。だから嘘をつくし、エルシィになぐさめられたときには心が軽くなっていた。それに対して、フィオーレは周りの環境に不満を抱いているように見えます。どうして理解してくれないの?と。
フィオーレにとって、悪事を働き邪悪を務めるとこは悪ではありません。正義ではない、とは言っていましたが……それこそがフィオーレの信念であって、心の柱なのかもしれません。間違っているかどうかなんて、自分にも他人にも分かりませんよ!

ただ、ところどころでフィオーレに見える冷や汗からは、揺るぎみたいなものも感じられます。どちらにしても、不落というわけではなさそうな。



桂馬くんの前では誰もがそうかもしれませんが、やっぱりまだフィオーレはブレています。少なくとも自分はそう感じますね。これまで桂木桂馬という柱に突進していった部隊は無数にありますが、いまのところ全員こてんぱんにやられています。これから真正面の戦いになったとき、果たしてフィオーレはしがみついていられるのか……?こうご期待!

今週は、勾留ビンの中で桂馬くんとハクアがイチャイチャしてましたね。ワンウェイだけど!

アニメ2期の製作も順調に進んで、いよいよ出番までカウントダウンが刻まれ始めるハクア。そういえば、ツイッター上ではハクア教信者というものをあんまりみかけませんね……人気があるのは感じていますが、いまだ実感できていない感じはします。ま、ハクアはイベントをやりつくした感もあるしね!最近は出番も多くて、信者たちもお腹いっぱいなんでしょう。
こちとら空腹で死にかけだがな!
わはは!

桂馬くんにフィオーレ、そしてウルカヌスとめまぐるしく設定がうごめく中で我を張るには、やっぱり難しいものもあるとは思うんですがね。これぞバディーの宿命でしょう!がんばれハクア!鉛筆削りは用意しておくよ!

今週のネーミング!



ちなみに、桂馬くんはシャーペン派です。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  Studio Trefle All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]