忍者ブログ
Admin / Write / Res
神のみ・サンデーの感想ブログ。こっちはまじめ。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
旧ブログ
管理人:とれふる
twitter
Pixiv
TINAMI
インタビューズ

神のみぞ知るセカイを人生の主軸、少年サンデーとアニメを人生の原動力としている人。
絵やSSもたまに書きますが、これは人生の潤滑油です。つまり、よくスベる。

ご意見・ご要望があれば studiotrefle0510☆gmail.com の方まで、☆を@に変換してお気軽にどうぞ。
鮎川天理さんからの求婚もお待ちしています。
つぶやいてます。

最新コメント
[10/08 モンクレール 古着]
[10/08 mulberry briefcases bags]
[05/12 backlink service]
[04/12 hooky]
[04/04 viper]
最新トラックバック
(07/02)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
エネルギー補給源
神のみぞ知るセカイ

アマガミSS+plus

Another

偽物語

灼眼のシャナⅢ

モーレツ宇宙海賊

アクエリオンEVOL

機動戦士ガンダムAGE

あの夏で待ってる

未来日記

ギルティクラウン
[141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
ツイッターではお知らせしましたが、ルキノさんとの神のみぞ知るセカイ合同小説の第一話です!

……と言っても、第一話はルキノさんのターン、ということで、中身に関しては自分は関わっていなかったりするんですが(笑)。ルキノさんとこれから作り上げていく作品の「導入部分」となるストーリーですので、ぜひ気軽に目を通してみてください!
最後の選択肢で物語が分岐するゲーム方式となっておりますっ。ポチッと押してくださると嬉しいです!

それではどうぞ!


「それがお前の、『できること』なんだよ」
 夜道の先を歩く桂馬が意味ありげにそう言う。エルシィはそのいつもと違う声のトーンに何かを感じたのか、ゆっくりと立ち止まった。
 それでも桂馬は歩き、こう呟くように言った。
「それができないヤツだって……いるんだよ」

「……さん、どうもありがとう」
「ううん……別に。じゃあ、これで」
 しばらく歩いてきて、二人がお隣の鮎川家の前に来ると玄関の方からそんな声が聞こえてきた。どうやら誰かが来ていたみたいで、ちょうど来客が帰るところのようだ。
 しかし、天理の家に誰が来ようと桂馬には関係あることではない。我関せずといった調子でPFPに視線を落とすと、彼はそのまま歩を進めた。
「あ、にーさまっ、危ないですっ!」
 ドーーンッッッ!!
 エルシィの忠告も一足遅く、桂馬は何かとぶつかって倒れてしまった。
「け、桂馬くんっ、大丈夫っ!? 鳥羽さんもっ」
 来訪者の帰りを見届けようとしていた天理も慌てて駆け寄ってくる。
「何だよ。もう、どこ見て歩いてるんだ」
 桂馬は立ち上がると、何にぶつかったのかとそちらを見る。と、そこにはいたのは黒髪で端正な顔立ちのゴシックロリータを身にまとった少女……。それはさすがに彼の予想外だったのか、彼も一瞬言葉を失った。そして、更にそこに追い討ちをかけるような音が……。
 ドロドロドロ、ドロドロドロ。
 その音にエルシィがはっとなって、駆け魂センサーを押さえる。



「痛たた……」
 一方の少女はそう言うと、ぶつかった桂馬を見た。そして、何かに気づいたのか怯えたような表情を見せ、さっと起きあがった。
「あのー、大丈夫ですか?」
「あ、え、えぇ……。じゃ、じゃあ……ここ、これで」
 少女はエルシィの言葉にそう言うと、慌ててその場を去っていった。しばらくすると、桂馬が溜め息を吐いた。
「エルシィさん、彼女に古悪魔が……?」
 その語調から察するに、どうやらディアナに入れ替わったようだ。
「は、はい……。そうみたいです……」
「天理ー。どうかしたー?」
 すると、家の中から天理のお母さんの言葉が聞こえてきた。どうやら、戻ってこない天理を心配しているだ。
「お母様が呼んでますね。……それでは、桂木さん。失礼します」


 その日の深夜。桂馬は自室でいつものようにギャルゲーに勤しんでいた。彼には攻略しなければならないゲームが山のように存在するのだ。しかしながら、今日はその進みが僅かに遅い……。
「彼女のことが気になりますか? 桂木さん」
「ディアナか……」
 桂馬は振り返らずに言う。一方、カーテンが揺らぐ中で桂馬の部屋に姿を見せたのはディアナ。彼女がこうして接触をしてきたのは、女神について話した時以来だ。
「ボクが気になるわけないだろ、バカバカしい」
「彼女は天理の友人の一人です。私も少なからず、知っています。だからこそ私は思うのです。彼女は桂木さんに近い存在ではないか、と」
 そのディアナの言葉に桂馬の手がピタッと止まる。ディアナもそれを見て僅かに驚きの表情を見せるが、言葉を続ける。
「彼女の名前は、鳥羽瑠乃。天理と同じクラスの子です」
「ゴスロリを着てるのはなぜだ?」
「そこは私も分かりません。ですが、最初も彼女は趣味程度だったように思えます。家もここから近いですから天理と彼女は学校以外でよく会うのですが、出会った頃は稀に着ていることがあったくらいでした」
「なるほどな……。最近は学校以外では常にあの服装なのか?」
 桂馬の疑問にディアナは同意する。
「えぇ。夏休み明けたくらいからだったと思います」
「そうか」
 そこで部屋は一度沈黙に包まれた。部屋の中に響くのは、数々のゲーム機が起動していることを示す音ばかり。桂馬は一度指で唇をなぞると、再びゲームの方へと向いた。
「桂木さんは彼女も攻略するのですか……?」
「そういうことになるだろうな」
「そうですか……」
 その後、室内にディアナの言葉は聞こえなくなった。どうやら自宅へと戻ったらしい。すると、桂馬は一度深い溜め息を吐いた。
「さて、明日の放課後どうするかな……」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
◆ 無題
学外の相手って厄介ですね
まず接点がないから会いにくい
たしか今までの攻略では
スミレ…お店の店員だからバイトになることで繋がりを強めた
七香…天理が関係していたから、それを利用した
檜…彼女の実家が道場である点から門下生になって近づいた
K・K 2011/03/07(Mon)16:32:44 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  Studio Trefle All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]