忍者ブログ
Admin / Write / Res
神のみ・サンデーの感想ブログ。こっちはまじめ。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
旧ブログ
管理人:とれふる
twitter
Pixiv
TINAMI
インタビューズ

神のみぞ知るセカイを人生の主軸、少年サンデーとアニメを人生の原動力としている人。
絵やSSもたまに書きますが、これは人生の潤滑油です。つまり、よくスベる。

ご意見・ご要望があれば studiotrefle0510☆gmail.com の方まで、☆を@に変換してお気軽にどうぞ。
鮎川天理さんからの求婚もお待ちしています。
つぶやいてます。

最新コメント
[10/08 モンクレール 古着]
[10/08 mulberry briefcases bags]
[05/12 backlink service]
[04/12 hooky]
[04/04 viper]
最新トラックバック
(07/02)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
エネルギー補給源
神のみぞ知るセカイ

アマガミSS+plus

Another

偽物語

灼眼のシャナⅢ

モーレツ宇宙海賊

アクエリオンEVOL

機動戦士ガンダムAGE

あの夏で待ってる

未来日記

ギルティクラウン
[160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちひろむずかしいよ・・・
まだまだ地・味・だ・NE♪ Kissも地・味・だ・NE♪ 

今週の神のみぞ知るセカイは137話、の、番外編……「コアクマのみぞ知るセカイ」でした。絶賛アイドリングストップ中のエルシィのお話ですね。


 
フィオーレに刺されて重症を負ったかのんのかわりに、アイドルとして活動をすることになったエルシィですが、意外とうまくやっていけているみたいですね。



小市民がいきなりアイドルをやる、なんてのは現実的にはかなり無理難題なお話ではあるんですが。そこはエルシィのスーパー悪魔パワーでカバーしてますね!

「Birth」を聴いたり付属のブックレットを読んでみてちょっと思いましたが、確かにかのんとエルシィは似ている部分というのもあるかもしれませんね。かのんは持ち前の才能のままに魅力を振りまいていますが、エルシィも自分の感性を信じて行動してますから。重なるところが多いというか、まぁ、並行した場所にはいるというか!



分身するエルシィ!48人!よーし半分くらいは桂馬くんに預けよう!

今回、エルシィ番外編とは言ったものの、途中でかのんライブを見に来ていたちひろも参入してきます。
かのんに化けているエルシィからしてみると、小阪ちひろは仲のいいバンド友達ではあるんですが……影武者ということに気づいていないちひろからしてみれば、まあ、なんだいきなりとなる訳です。

いきなり巻き込まれたちひろは、ブラックかのん(エルシィ)に「一緒にステージを見に行きませんか?」と誘われます。ちひろも言っていましたが、それにしてもなれなれしいアイドルだこと!
混乱を避けるため、不審者に変装したエルシィ(それもどうなんだ)と一緒にちひろはかのんの上がるステージを見に行きます。そして、これが、すごい。



舞島駅周辺のいたるところがかのんで埋め尽くされている。広がったステージはかのんのために用意されて、周りにいる人はすべてかのんのために動いている。エネルギーの違いというか、次元の違いというか。一見すると興奮しているかのように見えるちひろですが、一体どういう心境でこの風景を見ていたんでしょうかね。


番外編ではありますが、この話はすごく大事な話だと思うんですよ。


自分を案内してくれたブラックかのんに対して、ちひろは苦笑いのような笑みを浮かべながら小さくつぶやきました。

「かわいくて、人気があって……大して仲良くもない私に、こんな優しくて……完璧だよ。かのんちゃんは」



個人的には、このちひろのセリフがもう敗北宣言にしか聞こえません。だって、学校の中では今現在、かのんと桂馬くんはカップルと認定されてますから。

桂木桂馬の彼女は、中川かのんなんですよ。事実はどうあれ。

ちひろが桂馬くんのことをどう思っているかなんて知る由もありませんが、もし、桂馬くんのことを気にかけていたならば。そういう「次元の違い」を見せ付けられたちひろは一体何を思えばいいのか……ああ、難しい。
そんな中、ちひろが言ったセリフが上のものですよ。このセリフはきっと、褒め言葉なんかじゃありません。


ちひろが自分自身に言い聞かせているんじゃないかなぁ……とは思いました。中川かのんは完璧で、自分と違っていて。で、そいつは桂木桂馬の彼女であって。
勝てっこないなぁ。
そう言ってるようにしか聞こえないよ、ちひろ。

今週の話ってちひろからしてみれば、気にしてる男の彼女(趣味でもライバル)がいきなりやってきて、人気や心の広さみたいな人間としての違いを見せ付けられた……って話だと思うんですが。違うかなぁ。


ちひろは一人で来たのではなく、歩美と京ちゃんもライブを見に来ていました。結局ライブに参加した三人のうち、歩美とちひろは、無表情でかのんを見つめています。京ちゃんや他の観客と違って、盛り上がっていない。一体、どういう気持ちでかのんのライブを見ているのか……かのんのライブというか、かのんというか、桂馬くんの隣のかのん……というか。



最後、エルシィはエルシィとしてちひろにこう言いました。
「ちひろさん、舞校祭ではかのんちゃんに勝ちましょー!!」

負けるなちひろ!エルシィの言葉についていけばきっと大丈夫さ!


今週のチェインジ!



奇抜な変装をするエルシィ。アイドルとしてどうなんだ……とツッコミそうになったけど、その前に、女子高生としてどうなんだ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
◆ 無題
敗北宣言というか、忍辱というか、寂寥感の吐露というか、確かにそうですね。そもそも、ちひろは多分攻略とは関係なく桂馬を似たもの同士、苦々しくまた憎からず思っていたのだろうし。もしちひろに女神がいないとすれば、ちひろの攻略の記憶はどう処理されたんだろう。いや、記憶がないなら茶をかけるまでは流石にしないかな。
そい 2011/04/06(Wed)22:49:59 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  Studio Trefle All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]