忍者ブログ
Admin / Write / Res
神のみ・サンデーの感想ブログ。こっちはまじめ。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
旧ブログ
管理人:とれふる
twitter
Pixiv
TINAMI
インタビューズ

神のみぞ知るセカイを人生の主軸、少年サンデーとアニメを人生の原動力としている人。
絵やSSもたまに書きますが、これは人生の潤滑油です。つまり、よくスベる。

ご意見・ご要望があれば studiotrefle0510☆gmail.com の方まで、☆を@に変換してお気軽にどうぞ。
鮎川天理さんからの求婚もお待ちしています。
つぶやいてます。

最新コメント
[10/08 モンクレール 古着]
[10/08 mulberry briefcases bags]
[05/12 backlink service]
[04/12 hooky]
[04/04 viper]
最新トラックバック
(07/02)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
エネルギー補給源
神のみぞ知るセカイ

アマガミSS+plus

Another

偽物語

灼眼のシャナⅢ

モーレツ宇宙海賊

アクエリオンEVOL

機動戦士ガンダムAGE

あの夏で待ってる

未来日記

ギルティクラウン
[137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
デレてやってもいいんだぜ?

今週も忘れずやります、マイフェイバリットサンデー。今週のサンデーの感想といえば……やっぱりこの作品しかないでしょう。「オニデレ」です。

長らくサンデーのラブコメ看板を勤めてきてくれたオニデレでしたが、ついに今週で最終回。けっこう前から物語自体はブーストし始めていたんですけど、ついに終着点まで辿り着きました。おめでとう!

オニデレも、先週紹介したムシブギョーと同じようにすごく勢いのある作品だったと思います。常に暴走気味でしたもんね!ドタバタコメディーとはまさにこのこと。

色々とキャラが増えて話のラインが増築されてはいましたが、最初から最後までブレないところがあって、そこが一番好きなところかなーとは思います。それが「サヤと正の関係」です。



すれ違うことも多々ありましたが、この二人、一貫して仲がいい!それが見栄だったり、誤解だったり、なりゆきだったりでどうしてもうまく外に出せない……こう見ると、オニデレという作品も中々に特殊なラブコメですよね。

普通のラブコメの最終目標である「ヒロインとの両思い」が、最初から成立しているんですよ。ということはつまり、オニデレって始まった時点ですでに物語の半分が終結してるということです。本編自体がアフターストーリーみたいなね。その状態で二年以上も連載を続けられたのも、ひとえにサヤの「オニデレ」っぷりでした!

サヤ、素直になれないんですよねぇ……もちろん正にではなく、周りのみんなにですが。

とはいっても、そういう状況だったのは実際は連載初期までです。話数を積み、サヤと正の間に思い出が増えていく中で、二人とも「堂々と付き合いたい」と思い始めまるんですよ。決してボロが出たとかそういうことはありません!ええ!
……ところが。二人が決意したのにも関わらず、どうも周囲に認知されません!冗談だと思われたり気づけば流されていたり。進むところまで進んでいるのに、あと一歩が出ない!オニデレはコメディー色(というか、ギャグ色)の強いラブコメでしたが、それも当然のような気がします。みんなもうちょっと話を聞いてあげてよ(笑)!



個人的に特筆したいのは……やっぱりサキですかねぇ。
一般的に考えれば間女にしかなり得ないサキですが、設定の利を使ってバンバン登場してきます。もちろん正はサヤの夫ですから、サキも空回りしかしていませんでしたけど。

髪型とかむちむち設定とかもよかったですが、自分はやっぱりその「どうやったって報われない立ち位置」にいるからこそ好きなのかなと思います。だって、絶対に勝ち目のない戦いじゃないですか。ましてやその辺りに転がってるハーレム作品と違って正は全然ブレないし、失恋という結末しか待っていないことは明らかでした。最初の頃は気づいていませんでしたが、正とサヤの関係に気づいた後はもうね……。最終回のサキはすごい輝いてましたよ!



あとは、生徒会長とユナの二人。
もう言うまでもないですよ……お幸せに!


勢いとノリとテンションで最後まで走りきったオニデレでしたが、やっぱり作者のクリスタルな洋介先生が何よりも楽しく描いている感じがします!描きたいものを描いている感じがして……見てるこっちまでその楽しさが伝わってくる。
滅多にない作品ですよ。

自分としては、最後に正の男気を見せたところは拍手モノかと思います。オニデレのエンディングってプライドとかわだかまりとかを捨てて「みんなに認めてもらうこと」……ですが、それは決して妥協ではない。より高いところに上らなければならない。
そこへ引っ張っていくのは、やっぱり男の正ですよ。お前がやらんでどうする!

最後にかっこいい正が見れたのでもう満足ですねぇ……サヤの見えてる世界が見えましたもん。


見事大団円を迎えた「オニデレ」。
「ツン」も「デレ」も、他のツンデレとはレベルが大違いです。
心して読んでくださいね?


オニデレ 1 (少年サンデーコミックス)


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  Studio Trefle All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]