忍者ブログ
Admin / Write / Res
神のみ・サンデーの感想ブログ。こっちはまじめ。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
旧ブログ
管理人:とれふる
twitter
Pixiv
TINAMI
インタビューズ

神のみぞ知るセカイを人生の主軸、少年サンデーとアニメを人生の原動力としている人。
絵やSSもたまに書きますが、これは人生の潤滑油です。つまり、よくスベる。

ご意見・ご要望があれば studiotrefle0510☆gmail.com の方まで、☆を@に変換してお気軽にどうぞ。
鮎川天理さんからの求婚もお待ちしています。
つぶやいてます。

最新コメント
[10/08 モンクレール 古着]
[10/08 mulberry briefcases bags]
[05/12 backlink service]
[04/12 hooky]
[04/04 viper]
最新トラックバック
(07/02)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
エネルギー補給源
神のみぞ知るセカイ

アマガミSS+plus

Another

偽物語

灼眼のシャナⅢ

モーレツ宇宙海賊

アクエリオンEVOL

機動戦士ガンダムAGE

あの夏で待ってる

未来日記

ギルティクラウン
[209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


甘いラーメンは邪道!?やんのかやんのかー!?

今週の神のみぞ知るセカイは146話「テキスト・アバンチュール」でした。桂馬くんの再登場で、栞の世界が少しずつ広がりを見せていた回でしたね。え、方向が変?そんなまさか。 

前回、栞の再攻略を開始した桂馬くん。切り込み口を模索した最終的な結論は「女装して栞の前に現れる」でしたね。常人の脳みそを遥かに越えた歩幅で歩く男ですよ、本当に。

若木先生がブログで「栞編は、栞目線でないとどうしても進行しない」とおっしゃっていましたが、今回もそれにのっとってほとんど栞目線のストーリー展開です。前回の感想でも書きましたが、やっぱり栞のモノローグはかわいらしいですね!栞の博識さと頭の良さ、そしてその裏側にあるツッコミ精神の旺盛さが非常に際立ってます。それにしても脳内では饒舌。栞はモノローグが展開に必要不可欠なために自然とセリフが多くなって、そこからかわいさが漏れ出してきている気がします……アニメ神のみなんかを見てるとよく分かりますが、やっぱりヒロインのかわいさっていうのは「内側」なんですよ。ツンデレのデレの部分みたいな。結とは対照的に、心の内側=モノローグが包み隠さず発信される栞はかわいい!そして、人気が出るのも納得ですわ。



今回に至っては桂馬くん、ちょっと話して、後は一緒に歩きながらラーメン食べただけなんですよ。でも、栞の脳内ではめまぐるしいくらいに思考が流れて、どんどん思いが桂馬くんの方に傾いていっています。やっぱり栞攻略は簡単……に行きそうとは思うのですが、いやはや、そうでもないかもしれません。

桂馬くんの見解では、栞の再攻略に重要なのは彼女の書いている「物語」となっています。今までさんざカオス極まりない、けんぷファーの最終回みたいな(褒め言葉)小説を書いていた栞ではありますが。栞の知識の泉の集大成とも言えるその小説を自分と一緒に完成させれば、栞のエンディングは見える!と意気込んでますね、桂馬くんは。
うーん、恋に落とすという側面では、栞の攻略はもう既に行くところまで行けてるような気もするんですが。これはあくまで「再攻略」ですから、本筋というか見つけるべきものは別のところにあります。栞の描いている物語の結末と再攻略がどんなふうにリンクするのか、今から楽しみですね。高感度はもう高いのだけれど、そこからあと一つのステップを乗り越えるとなると……そこはやっぱり、落とし神さまの本領に期待といったところでしょうか!



Blu-ray5巻の朗読CDも素晴らしかったですが、やっぱり栞といえばアニメの「声」が印象的ですよね。意表をついてくる神のみキャストの中で、唯一妥当と呼ばれた汐宮 栞:花澤香菜のキャスティング。……花澤さんの声って高くて脆そうな声であるんですが、それ以上に、なんとなくどこか抜けているような印象が強いです。デッドマン・ワンダーランドのシロとか、オカルト学院のこずえとか(両方とも絶妙な選抜!)。その「抜けている」とはつまり「純粋さ」であるんですが、いやはや透き通った声をしてますよー花澤さんは。今週の神のみで披露された栞の数々の独白も、もう全て脳内では花澤ボイスで再生されますもん!偉大や偉大。とか言いながら、BGMは変ゼミのEDだったりするんですがね。栞のイメージもへったくれもねえじゃねえか!……う、なんか読者を置き去りにしてる感想だ。

個人的には、ハクアも気になりました。今回は。

ちょこっとしか登場してないハクアですが、なんというか、その状況をもはや壊そうともしない。桂馬くんの発言に小さくツッコむ「読者の代弁」というか、バラエティー番組の下に出てくるセルフツッコミみたいな存在になってますね。ハクアがいるおかげですらすら~っと読めるんですが、同時にハクアの存在感もすらすら~っと流されるような感じになってしまってます。順応力が高すぎるのも困りものですな!ということで、ここで少しでも触れておく。がんばれハクア!


そして特報!



今週の神のみのすぐ後ろに掲載されていますが、9月発売の少年サンデーコミックス・神のみぞ知るセカイ14巻に、新作OVAが収録されます!わーぱちぱち。

ちひろ、歩美、エルシィ、京ちゃんのバンド 2B Pencils(ルビ・つーびーぺんしるず)が活躍するお話ですね。そしてあのアイドル、中川かのんも登場ということで……いやー期待できます!確かに、もし、仮に、数年後にアニメ神のみ3期をやるとたら、このエピソードは逆にちょっと浮いちゃう気もしなくもないですしね。というか、やれるだけやっとけ!ということで、神のみ14巻をお楽しみに。


--------------------以下、天理の話-------------------------


アニメ2期の最終回で3期の話をすることほどナンセンスなことはないので、ここでちょっと代弁。OVAも含めてね。アニメも残り2話ですが、やっぱり鮎川天理教信者としては、天理のことについて気になるわけですよ、もちろん。ただまあアニメになって欲しいかと言われると、簡単に首を縦に振ることはできないのがちょっと難なんですが。ただアニメになる=渡辺明夫イラストで描かれ、キャラソンが出て、とかそういう二次的な拡張がされるとなるとヒジョーに嬉しいこと限りないとは思うんですけどね。

ただ、個人的なワガママを言うと、天理編はOVAでやって欲しいなぁ……なんて。理由は簡単、叩かれにくいから。でたよ超保守的な理屈!アニメ放送なんてのはもう最初から品定めされる場所に放り出されるわけですが、OVAはそこに並ばなくても済みますからね。金を払って見る人は、金を払って見たいと思った人なんですよ。つまんね、と思ってる人が流れで目にしたりしないから、すごく清められた空間な気がします。なんでこんなこと言うかといわれれば、そりゃあんた、天理編をアニメでやってもウケないと思うからだよ!恐ろしいまでの比率で「キャラのかわいさがそのアニメのパラメータとして表される」アニメの中で、ちょっと天理編は厳しいんじゃないかなとは思います。そもそも天理編って、女神編に続く「後の話」を開拓するためのストーリーなんですよ。神のみを「萌え萌え☆きゅん☆アニメ」としてニーズを求めている人たちにぶつけたら、どー考えても受け止めてもらえない気がする。アニメ神のみって原作と比べると反応が非常に天邪鬼なんで、断言はできないですがね。天理はかわいいのだから文句言われる筋合いはないとも思うんですが、どうにも。

ま、自分もアニメ神のみを通して「世間の評価」というものを管轄外に送り出すことができましたから。前向きな意見を言えば、ぜひこれからも神のみのメディアミックスは続けて欲しいものです。動く天理だってもちろん見たいよ!スカートを翻す天理!頬を染める天理!「神のみアニメ化」であれだけの衝撃を受けたんだから「嫁アニメ化」なんてことになったら凄いだろうなぁ!寿命縮むかもしれん!そのままうまく変異して、次元が縮んでくれたりしないもんですかね……え、しない?ぐすん。

----------------------------------------------------------


今週の二者択一!



カツラを自由自在に操る桂馬くん。桂だけに。圧倒的人気を誇る女装桂馬くんですが、個人的にはやっぱりいつも通りの桂馬くんの方が好きですね~。最近は女装桂馬くんばっかり見てるせいで、普段の桂馬くんの方がかわいく見えてくる。もうよく分からない現象。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  Studio Trefle All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]