忍者ブログ
Admin / Write / Res
神のみ・サンデーの感想ブログ。こっちはまじめ。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
旧ブログ
管理人:とれふる
twitter
Pixiv
TINAMI
インタビューズ

神のみぞ知るセカイを人生の主軸、少年サンデーとアニメを人生の原動力としている人。
絵やSSもたまに書きますが、これは人生の潤滑油です。つまり、よくスベる。

ご意見・ご要望があれば studiotrefle0510☆gmail.com の方まで、☆を@に変換してお気軽にどうぞ。
鮎川天理さんからの求婚もお待ちしています。
つぶやいてます。

最新コメント
[10/08 モンクレール 古着]
[10/08 mulberry briefcases bags]
[05/12 backlink service]
[04/12 hooky]
[04/04 viper]
最新トラックバック
(07/02)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
エネルギー補給源
神のみぞ知るセカイ

アマガミSS+plus

Another

偽物語

灼眼のシャナⅢ

モーレツ宇宙海賊

アクエリオンEVOL

機動戦士ガンダムAGE

あの夏で待ってる

未来日記

ギルティクラウン
[119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




窒息死したらゴメンネ!

今週の神のみぞ知るセカイは127話「ツインブッキング」です。先週に引き続き、桂馬くんが様々なものに挟み込まれるお話でした。

今回の見所はやっぱり、歩美とちひろの仲良し二人組みの連続攻撃に限りますね。どちらも桂馬くんに素直な態度を取れないでいますが……見透かしている桂馬くんはうまく彼女たちのガードの薄いところを叩く叩く!常にクロスカウンター狙いですね、桂馬くんは。

今回は特に歩美が、攻撃的に出た挙句に逆ノックアウトされています。



歩美は今回、桂馬くんとかのんが親密な関係になっていることに対して非常に分かりやすく怒ります。怒るといっても、なじるような怒り方。
歩美はアニメで声を竹達さんがあてていますが、こういうシーンはぜひ竹達さんで見てみたい!前にも言いましたが、歩美って再登場以降はほとんど怒らないんですよね。ちひろ編だと歩美は非常に温厚です。基本的に歩美って誰に対しても明るく接していて、公衆の面前でかのんとあんなことをするまでは、すごく優しく接してくれていたんですよ……エルシィのデート編とか、特に!……今思うと、体育祭がピークでしたねぇ。もうそこからは急降下している一方ですが。

一方ですが、それを桂馬くんが許すはずもなくて。



一緒に行ったイナズマートで、「私に近づかないで」と忠告をする歩美。これはどういう気持ちで言っているのか……歩美って、「恋してる自分」が何よりも恥ずかしいと思っているように感じます。なーんかモヤモヤしてしまっているんだけれど、そんな自分がイヤだ。あほらしいあほらしい……歩美も恋愛に関してはまっすぐに進むことしか知っていなさそうです。直進するか、戻るか、あるいは勢いをつけて直進して轢き飛ばすか。攻略のときは桂馬くんがうまくリードしていましたが、再攻略でもうまくいくかな?


そして、ここにも不器用な人が一人。



アニメでの登場が待ち遠しくて仕方ないちひろですが、彼女もまた恋愛に関しては苦労人です。ちひろはどちらかというと、どんなことでもカーブかけてでしか思いを伝えられてないですよね。
今回ちひろは桂馬くんの前でギターを弾くんですが、試し弾きする前にちらりと桂馬くんの方を見ています。アピールとまではいいませんが、何か伝えたいことがあったのではないでしょうか。かつては自分に自信をもてなかったちひろでしたが、ギターや音楽っていうものは自分が意欲的に始めたもので、熱中してるもので、きっと一番自信を持てる時間なんでしょう。



ギターを弾くちひろ。足をかけて歌うところもちひろっぽくていいですねー!

ちひろはきっと、音楽をしているときの自分が一番好きです。そしてさっき言ったとおり、自信もある……はずなんでしょうが、作曲に関しては未だ不安も多いようで。今回桂馬くんは、そんなちひろに対して勇気付けるようなセリフをかけます。ちひろは行くときは一人で行ける人ですから、桂馬くんがうまく自信を付けて押し出す必要があるのかもしれません……って、こう書くと本当に正反対ですね、ちひろと歩美って。桂馬くんも苦労するわけだ……。


で、トップにもイラストを掲載しましたが、今回はダークホースが一人疾走しています。それが、京ちゃんです。



桂馬くんに、熱いからといってわざわざ厳重に紙を巻いてくれる京ちゃん。これはいいお母さんになりますわ!京ちゃんは恐ろしくカオスなスパイラルのど真ん中にいるわけですが、それをくぐり抜けて桂馬くんに見事パンチを繰り出しています。
それにしても、これまでも京ちゃんは桂馬くんにも分け隔てなく接してきたわけですが……今回は特にすばらしい。しかも見返りを期待してたりとか、意識していたりとかというわけでもない。なんかこう……心がほんわかしますね!エルシィがストーリー上からエスケープしていて、最近和みどころが少なかったのですごく良かったです。京ちゃんには幸せになってほしいなぁ。24くらいで付き合っていた大学の先輩と結婚して、二年後に長女、その二年後に長男を出産して、専業主婦と子育てしながらたまに歩美たちと落ち合ってカラオケとかしたりする……みたいな普通な日常を迎えて欲しいです。他のキャラとはちょっと違う意味合いですが、好きだよー京ちゃん。神のみのキャラで「ちゃん」を付けて呼ぶのは、京ちゃんと麻美ちゃんだけだよ!……あ、あと、あさりちゃんも。


そのころ、バンドの重要なメンバーであるエルシィは今回、登場人物欄でしか登場しません。しかも、桂馬くんとハクア、女神候補の五人のさらにその後ろです!無理してカラー表紙になんてなるからだよ、エルシィ!まぁ、登場人物欄にすら出ていない主要キャラもいるんですけどね……(まだ引っ張る)。


今週の若木先生登場!?



多分、自分も若木先生に会ったら同じこと叫びそうですね。わか……わーー!わかきせんせー!!


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  Studio Trefle All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]