忍者ブログ
Admin / Write / Res
神のみ・サンデーの感想ブログ。こっちはまじめ。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
旧ブログ
管理人:とれふる
twitter
Pixiv
TINAMI
インタビューズ

神のみぞ知るセカイを人生の主軸、少年サンデーとアニメを人生の原動力としている人。
絵やSSもたまに書きますが、これは人生の潤滑油です。つまり、よくスベる。

ご意見・ご要望があれば studiotrefle0510☆gmail.com の方まで、☆を@に変換してお気軽にどうぞ。
鮎川天理さんからの求婚もお待ちしています。
つぶやいてます。

最新コメント
[10/08 モンクレール 古着]
[10/08 mulberry briefcases bags]
[05/12 backlink service]
[04/12 hooky]
[04/04 viper]
最新トラックバック
(07/02)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
エネルギー補給源
神のみぞ知るセカイ

アマガミSS+plus

Another

偽物語

灼眼のシャナⅢ

モーレツ宇宙海賊

アクエリオンEVOL

機動戦士ガンダムAGE

あの夏で待ってる

未来日記

ギルティクラウン
[121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  
少し遅くなってしまいましたが、アニメ神のみぞ知るセカイ3話の感想を。
今回は、青山美生編の最終話でした。

美生については、前にブログの記事で一通り書きたいことは書いてあるんですが(該当記事、ネタバレ注意)、今回アニメになって動くとまた違った感情ができてきますね。

美生は前回の放送で、見事なまでにツンもデレもしませんでした。自分の周りに二つの鎧を提示してプライドを守っていたんですね。
3話は2話に続いて2話構成でできていますが、まず前編「ドライヴ・マイ・カー」で、桂馬くんは美生の一つ目の鎧を破りました。



距離を置いてくる相手と距離を近めるには、相手にとって自分が「他の人間とは違う存在」になるしかありません。そこで桂馬くんが(結果的に)とった策が、「美生との唯一の秘密を共有すること」だったんですね。



「遠すぎる 二人を秘密が ピッタンコ!」
無駄にクオリティの高い(!)某ハ○ジ風に登場した桂馬くんの新たな格言から、上記した意図が見えますね。
それにしてもこの格言シーン……本当に濃いシーンでしたね。突っ込みどころが多くて困ります。

①下野さんの歌うBGMが耳に残る
②面白いカメラワークで桂馬くんがブランコに乗る
③しかも、ちょっとパンチラしそうになる
④ヤギがなんかすごい不安定
⑤エルシィかわいいなもう!

またFLAG3.0では、全体的に原作でのシーンを上手く改変している……という印象が強いですね。

たとえば、ちょっとしたこのシーン。



閉じたままのお父さんの仏壇を見上げる美生。ありそうでなかったこのシーンですが、「状況下での見栄」からデレ情報を発信している美生にとってはかなり重要ですね。

また、桂馬くんの送り迎えでもそうです。



送り迎えをしていく中で、微妙に変わっていく美生の反応がまた素晴らしいです!FLAG 3.5の冒頭では、美生は遅刻した桂馬くんに「まさか……」とつぶやいています。結局桂馬くんは駆けつけてくれるんですが、森田と比べるというのはなんとも粋な演出ですね!
ちなみに、送迎自転車も一つおかしなものが。なんでザクヘッドやねん!
美生も乗っちゃいかんでしょう。しかし、道交法とかは大丈夫なのかな?意外とナンバープレートがあったりして。オーズのバイクか?



今週密かに待ち遠しく思っていた、美生の強調シーン。
この時の美生は、原作どおりに幼さが垣間見れていていいですね。原作で読んだときは、「このままの関係でずっとやってほしい」なんて思っていたわけですが、アニメでもそれは変わりませんね。
神のみって基本的に、仲良くなり始める→スキマが見つかる→エンディング……となってしまうので、あんまり桂馬くんとヒロインが和気藹々としている様子は見れませんからね……。



そしてその法則のとおりに、桂馬くんは美生のエンディングへと手を伸ばします。


タイトルアイキャッチが入り、FLAG 3.5「パーティーはそのままに」へ。



やっとですよ。やっとここに来て、桂馬くんと美生はなんだか彼氏彼女みたいな会話を始めます。ダンスの練習ということで二人は手をつなぐんですが、二人とも照れすぎです。見てるこっちが恥ずかしくなるような照れっぷりですね。FLAG 2.5ではあれだけ無感情で無表情だった美生も、このときは思いっきりデレてます。これも桂馬くんのおかげなんですが、なんにしてもやっぱりデレているほうが可愛いですねー美生は!



ただ、そんな時間も長くは続きません。

桂馬くんが壊そうとしていた二つの鎧のうち、一つは無事破壊することができました。毎日ド派手な自転車で孤軍奮闘して送迎をし、きつい言葉をかけられてもへこたれない。美生のずっと求めていた「甘えたい相手」としての立場を桂馬くんは築き上げたんですね。
けれど、その立場は美生にとっての父親と同じポジションで。ただでさえ自分の日常と平穏と秩序を壊している桂馬くんが、その場所に立ってしまう……美生にとってはとてつもなくおぞましく、不安になることだった。
だから、桂馬くんに甘えていたことを自覚した美生は、鞭で叩くのをやめたのではないでしょうか。二つ目の鎧を再生しようと思ったんですね。

もちろん、それをやっても手遅れです。FLAG 3.0の間にその鎧は壊されていますから……とは簡単に言いますが、やってのける桂馬くんもすさまじいですね!

先日少年サンデーで連載が始まった「鋼鉄の華っ柱」(作者・西森博之)でも、主人公は美生と似たような境遇です。セレブリティーな生活をおくっていたら、ある日突然それが崩れだして……。
その中で主人公の実道は、(見た目上)ほとんど動じません。もはや庶民ですよ、大庶民。あわてふためく周囲とは違い、実道はクールですね。「金がなくても、心を貧しくはしねーぞ」というようなポリシーでもあるのではと思いますが、とにかく冷静なんですね。

まあお金持ちのキャラが財産を失ってしまう……なんていうのは、ある種お決まりな話ですが(他にも最近のハヤテのごとく、仮面ライダーオーズとか)。

そういった時に、はたしてその人は誰に助けを求めればいいんでしょうか?



美生はあの性格ですから、本当に信頼できるような人はあまりいなかったのではないでしょうか。唯一いるとすれば、両親だった。でも父親は亡くなり、母親もシングルマザーとして多忙な日々をおくるようになってしまった。
生活が四隅からボロボロと崩れていく中で、美生はすがりつくロープを探していたんですね。上げ底靴を履いて、見晴らしを少しでもよくしようとして。

けれど、美生はそれを人に軽々しく頼んだりはできませんでした。だからきっと待っていたんだと思います。それは白馬の王子様……とかではなくて、亡くなったお父さんでしたが。


美生は桂馬くんがお父さんの立ち位置に来ることを心底嫌がっていました。もちろん自分では「嫌じゃない」ということは理解してるのだとは思います。
実際のところ美生が嫌なのは、桂馬くんを認めることではなくて、桂馬くんを認めてしまう自分がいることが嫌なのではないでしょうか。
桂馬くんのことはもちろん認めている。優秀だし、従順だし。でもその位置は父親の居場所であって、上書き保存はどうしてもできない……したくない、してはいけない。
でも、桂木のことは好きだ。



美生がこのループから抜け出すために必要なものを、桂馬くんは揃えようとしていたんですね。わざわざパーティーにまで行ったのもそれが目的です。では、その必要なものとはなにか?

それは、桂馬くんが美生を許すこと。

美生もきっと、このままではいけないことは分かっていたでしょう。でも、だからといって父親を切り捨てていいのか……その悩みにピリオドを打つことは不可能でした。だって、それを判断「してくれる」人がいないから。
正しく言えば、それを自分で判断していいと判断してくれる人がいないから。

桂馬くんはあの日の夜、その位置にいたんですね。狙って立ったのもありますし、美生がそれを(深層的に)望んでいたからでもあるでしょう。
そして桂馬くんは、それを見事に提示した。



「でも、君はもう自分一人の人生を歩むべきだ」

これこそ、美生が待っていたセリフなのではないでしょうか?
美生編の最後は、どちらかというと桂馬くんが美生を言いつめているように見えますが、そうではないとエンディングへは行けませんよね。美生の逃げ場をなくしている……つまり、美生の優柔さを塞いであげるためでしょう。

美生が奥底で望んでいる結末へ、桂馬くんが下手に出て上手く誘導をしてあげる。美生編はまさしくこれです!自転車での送迎、ダンスとかもひっそりと暗示されていますね。リードを握られているように見えて、密かに手中におさめている桂馬くん、恐るべし!



そうして、美生のエンディングへとたどり着いた桂馬くん。美生も記憶を失い、元に戻るかと思いきや。

小銭の存在を認めている美生。ここで桂馬くんと美生の手が触れ合う……というのは、今回多かった改変の中でも最高によかったです!なにより、桂馬くんだけが照れるというのは……本当に寂しいですよね。原作では何度も攻略をしていて、自分の中で少し慣れが生まれてきていましたが……記憶がなくなるというのはやっぱり、神のみにおいて最大のターニングポイントでしょう。

次回予告!
FLAG 4.0「今そこにある聖戦」

駆け魂狩りは一休み!心置きなくギャルゲに勤しむ桂馬だが、よもや“落とし神”にも攻略できないゲームが…!?
バグだらけで誰一人としてエンディングを見たことのない“近年最大の話題作”『くれよん』攻略のため、エルシィに手伝いを頼む(脅迫する)桂馬。ヒロイン飛鳥空を「救う」と必死な桂馬に、エルシィは……。 (アニメ公式サイトより)

次回はついに彼女が降臨!



桂馬くんの存在が消えて、甘える相手を失った美生。でもそれは隙間が開いたわけではなくて、自分できちんとその部分を補えるようになったという意味ですね。もうエスコート役はいらない、自分一人で歩けるよと。
ちょっと目線は低くなりましたが、よく考えたら見えなかったのは鎧のせいで。脱ぎ捨ててみれば周りはよく見えるし、ジャンプすると靴よりも高かったりして。



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  Studio Trefle All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]