忍者ブログ
Admin / Write / Res
神のみ・サンデーの感想ブログ。こっちはまじめ。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
旧ブログ
管理人:とれふる
twitter
Pixiv
TINAMI
インタビューズ

神のみぞ知るセカイを人生の主軸、少年サンデーとアニメを人生の原動力としている人。
絵やSSもたまに書きますが、これは人生の潤滑油です。つまり、よくスベる。

ご意見・ご要望があれば studiotrefle0510☆gmail.com の方まで、☆を@に変換してお気軽にどうぞ。
鮎川天理さんからの求婚もお待ちしています。
つぶやいてます。

最新コメント
[10/08 モンクレール 古着]
[10/08 mulberry briefcases bags]
[05/12 backlink service]
[04/12 hooky]
[04/04 viper]
最新トラックバック
(07/02)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
エネルギー補給源
神のみぞ知るセカイ

アマガミSS+plus

Another

偽物語

灼眼のシャナⅢ

モーレツ宇宙海賊

アクエリオンEVOL

機動戦士ガンダムAGE

あの夏で待ってる

未来日記

ギルティクラウン
[203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


すやすや。

今週の神のみぞ知るセカイは144話「一過団欒」でした。桂馬くんとエルシィとハクア、三人でのほのぼのとしたお話でしたね……え、麻里さん?今頃バイクをかっとばしているに違いありません。
 


前回、結とその中の女神・マルスとの決着をつけた桂馬くん。二人に月夜同様、連絡用タグを渡して一度解散します。
結とマルスは、思いややりたいことが決まっていて一直線なおかげで、いきなりのこの事態にもしっかり対応しています。ま、プレイヤーキャラは頭の切り替えが早い必要がありますからね、さすが結といった感じでしょうか!それにしても結は頼もしいなあ……日5アニメの福山潤キャラくらい信頼できますよ。



今回は、アイドル活動に忙しいエルシィも帰宅してきました。相変わらず行動の端々に破壊力を秘めているエルシィですが、何ヶ月も出演していなくても変わらない様子で安心しましたね!アニメ感想でも書きましたが、エルシィがいると桂馬くんも読者も安心しますよ。結攻略は非常にハードな展開でしたが、それも一段落ついて……戻ってくるところはここですね。おかえりエルシィ、ただいまエルシィ!

ハクアも参加して、エルシィとの料理対決……が始まるかと思われましたが、勝負という話ではなさそうですねぇ。っていうか、ベクトルが違う。味の良さと見た目の悪さに定評のあるエルシィの手料理ですが、食べてる桂馬くんもまんざらではなさそうですよ。的確に順応してみそ汁を作るハクアもかわいいですが、やっぱり桂馬くん相手だと「それ」はあんまり効果がないみたいですね。桂馬くんに対しては、自分からぶつかっていかないと相手してくれませんから。おいしいみそ汁作ってもそんなに褒めてはくれないのですよ……わざわざ足元の幸せまで手を伸ばして取ろうとしないというのは桂馬くんらしいですが。だからねー、天理もぶつかっていかなきゃいかんよ。

ま、ぶつかるといっても!



何度目だナウシカ、もとい何度目だハクア。野際陽子。ハクアのお色気シーンも、そろそろ貴重さが薄くなってきてしまうのではないのかい?と思うくらいの2週連続アクシデントですよ。風邪ひかないでねハクア!

今週では、久しぶりにエルシィとハクアの駆け魂隊コンビが語り合っていました。変わらず仲のいい二人!
桂馬くんに対して、すごいよ~とベタ褒めするエルシィを、ハクアは少し憂いのこもったような目で見つめます。「お前は十分すごいわよ」とハクアは言いましたが、これもただの褒め言葉なんかじゃないのかな、なんて思ったり。思ったことを思ったとおりに口にして、すごいと思った人に対してその言葉を伝えることができる。いつも思いとは裏腹の行動をとってしまうハクアにとって、エルシィは少しあこがれの存在なのかもしれませんね。「私もお前みたいになりたい」……果たして、ハクアが自分の思いを口にすることができるようになるまであとどのくらいかかるのでしょうか。一応言っておくと、学校で習ったことはあてにならないからね!

そんなエルシィに感化されたのか、たまった疲労から寝てしまった桂馬くんの耳元で、ハクアは小さく思いを告げます。
「私も…すごいと思ってるよ……」

って、それだけかい!と思わずツッコミたくなるような告白ですが、これが今のハクアの精一杯……かなあ。これじゃあ道のりはかなり遠そうですが、なんにせよ相手は神さまですからね。ゆっくり進んでいけばいいのかもしれません。ま、あと何回桂馬くんに裸を見られればいいのかは分かりませんが。



「今週はどんな感想書いたらいいんだよ!」とツイッターでつぶやいたらご要望をいただけたので、個人的な「お風呂シーンに関するスタンス」を述べていこうかと思います。神のみと関係なくなったらごめんね。

神のみにおけるお風呂シーンといえば、エルシィ、ハクア、そして月夜や楠なんかがありますが、やっぱり「強い」と思うんですよ。ラブコメアニメが放送されるたびに、大抵のアニメで「お風呂シーン」というのは出てきますよ、湯気濃いめで。まー一番合法的に出せるサービスシーンというか、ヒロインがトイレに入ってるシーンを映すよりはPTAもうるさくないというか。しかしまあ、風呂場ってのはすごいですよねぇ。どの家にも一個あるんですよ。空から女の子が落ちてくる可能性なんてのはもう0パーセントにしてしまってもいいくらいの確率ですが、お風呂シーンっていうのはそうじゃなくて、女の子が入ってるお風呂のドアを開ければすぐそこにあるんですよ。ま、警察もすぐそこに来るかもしれませんが。ともあれ、そういうところにえもいえぬロマンがあります。修学旅行とかで大浴場に入ったときに、たまたまのれんが逆に付いてたりしてもおかしくはないですよ。女の子がスカートはかずにパンツで空を飛ぶよりもずっとね。



というわけで、神のみでも「お風呂シーン」というものは、やっぱりアットホームな場所でのみ起きています。月夜はちょっと例外ですが……エルシィハクアは桂木家、丸井家、楠は自分の家の道場で起きてますからね。ただ、そこまで行くならもっと身近にあるじゃないですか。もっとアットホームで、手軽な場所。手軽なお風呂。
隣の家ですよ!桂木家の隣の家!

っていうかね!お風呂イベントっていうのは、家族ぐるみのイベントが多い幼なじみこそが強いんじゃないだろうか!そっちの方が違和感ないじゃないですか……お風呂が壊れたので、今日は貸してくださいみたいなさー。すごいお手軽じゃないか!天理が隣の家に住んでたら毎日お風呂をぶっ壊すよ。そもそも、天理は桂馬くんの隣の家に住んでる幼なじみなのに、会う頻度が少なすぎるんじゃないだろうか。今はハクアはバディーだからあれだけど、その前においてはさ、何でハクアと登場する頻度が同じなのさ!二人でプリキュアやってる響と奏を見習いなさいな、彼女たちなんか、隣でもなんでもないのに窓から光を出して会話してるんだよ……一回ディアナが夜這いに来ましたが、ああいうイベントはもっとあってもいいと思うの。というか、あるのが「幼なじみ」。そう思う!あーもうお風呂関係ねえ!

最近だと、インフィニット・ストラトスのお風呂シーンなんかは良かったと思いますね。二人で背中合わせで黙って入浴してる……みたいな。でもあれって、主人公がヒロインのことをちょっとでも意識してないと成り立たないんですよ。だから多分、神のみではあの状況になることは難しいんじゃないですかね……あるとすれば、例えば「天理の入ってる風呂に桂馬くんが入っちゃって、出ようと思ったらハクアが洗面所で歯を磨きだして、どうしようもなくてしょうがなく二人で背中向けてお風呂に入る」みたいな!おお、今思いついたけどこれ素晴らしい!バレたら大変ということになればディアナも出てこないだろうし、これはすごい合法的じゃないだろうか(どこが)!当分、妄想の種として使わせていただきます。ありがとうございました。

今週の油漬け!



女装にも耐えうる強靭な精神力を持つ桂馬くんですから、こんな状況でも冷静ですよ。そんなに欲しくもないスキル。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
◆ 無題
とれふるさん最高です!wwwww
もうそれでSSが書けそう・・・
あ、でもコメディっぽくなってきました(現在妄想中)
しかしそもそも天理は風呂入る時に髪をどうしているのかな・・・
シクスティ 2011/06/02(Thu)23:04:17 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  Studio Trefle All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]